2011年02月22日

農業って、食べること。

そのように考えると、飲食店とのコラボレーションがあるべきです。
売場を作って取組むなら、こんな軒先ショップは都会の中だからこそ


有効なんじゃないかな。そう思って、棚を作らせてもらいました!


 折りたたみ式なんだけど、九つの収穫カゴがディスプレイ可能。


輸入住宅時代の工具を持ち出して、中まで作り上げました。

dispSQ.jpg









素人仕事なんだけど、図面がしっかりしていれば、なんとかなるもの。

 
場所は横堀のカフェ・ペスカド。僕らの野菜を美味しく料理してくれる


お店でもあります。

ent.jpg












ランチに是非お立ち寄り下さい。

lunch.jpg

posted by Hotwire at 21:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月10日

マーケット定点観測

 淀屋橋ODONA前マルシェ、15:30〜ちょっと偵察。水曜日に、
僕らもウェンズデーナイト・ベジタブルマーケット(長い?)を開催検
討しているため、水曜日の夜のお客さんにとても興味が有りました。

 御堂筋沿、しかも地下鉄淀屋橋出口に隣接するこの露天は結構な
人です。僕らもお付合いのある森の小屋さんは、なんと10で15人の
購買がありました。

osaka_Mrch2010nov.jpg








 お野菜はとっても割安。鬼籍に入った親父が米沢の出身なんで、
わら包みの納豆を見つけたときは、とっても懐かしかった。それもなん
と一個、200円!

 "小松菜〜、春菊安いよ〜"といった八百屋風情の掛け声もあって、
ハードなビジネス街淀屋橋の石畳とはちょっと雰囲気の違ったイベントです。

 ただ、単価が100円〜200円。昨日、西中島のスーパーで、リーフレタスが
250円で売られている野菜事情から考えると、かなり安いです。

 ターゲットは30代後半〜50台の主婦かなぁ。みんな産直野菜をホクホクで
沢山買って帰っている姿みると。素朴にいいなぁと思ってしまいます。

 ここのお客さんを共有出来て、競合しないサービスって何かありませんかね?
余裕で一日、1000人位の来場はあると思います。

 僕は一つ、面白いアイデア着想がありました。も〜試したくってたまりません。
マーケット定点観測 -了-

2010年11月03日

e-maで、ファンタスティック・マーケットに出店〜


 Meetsリージョナルからのお誘いで、梅田のe-ma一階にて、開催された
イベントに、僕らのハンサム・ベジタブルマーケットを出店させて戴き
ました。

fantama-2.jpg

 









二日間、一こまを戴いて出店。なんと二日目は入り口ど真ん中に場所を
提供戴き、能勢の晴苗農園さんと並んで出品。野菜を出しているのが
この二者だけだったもんで、結構引きはありました。

fantama-3.jpg











 直営農場からの収穫も絞っていたもんで、途中で売り切れてしまう
と言う、情けない状態になってしまいました。


 野菜は、売れ残ると処分するだけになってしまうのですが、売り物が無い
と言う状況も悔しいですよね〜。

fantama-1.jpg









 このファンタスティック・マーケット継続されるようなので、僕らも
また参加させて戴けるかもしれません。

 来場戴けた皆様、ありがとうございました!
posted by Hotwire at 21:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月12日

ハンサム・ベジタブルマーケット@e-ma


 梅田のe-maで開催される、ファンタスティック・マーケットに
ハンサム・ベジタブルマーケットを出店します。

▼日程
10月27日(水) 12:00〜18:00
11月03日(祝) 12:00〜18:00

▼場所
e-ma一階

e-ma.jpg





  マーケットは明日から開催されるので、店舗はどんな感じなのか
興味あってe-maに立ち寄りました。

  店舗家具はgrafさんとあって、どんな具合なのか興味津々です。

 江戸堀の店舗に立ち寄って戴いた担当者はじめ、皆さん忙しげに
店作りされています。10/27の頃なら、秋冬野菜がいろいろとではじ
める頃。ハンサム・ベジマとしては、何を出そうか思案中です。

posted by Hotwire at 15:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月07日

マーケティングセミナー主催

とある業界組合の若手継承者が集まる分科会で、セミナーを
企画させて戴く機会がありました。

事業の個性分解と(4C)、取り組みたいプロジェクトを情報化する
目的で4Pに取り組むワークショップを後半にやりました。

僕らホットワイヤー活動、とりわけ会議、研修施設手配業務を
参考事例に説明してから、受講者に自分たちの活動を4C、4Pへ
と取り組んでもらったのです。

40人もの受講者を大別すると、すでに事業を受け継いだ方、あと数年で
受け継ぐ、もしくは当面予定(実感?)が無い、その他と言う構成。

悩みも背景毎に随分違います。講義後、ワークショップ自体の
盛り上げ役として各テーブルを廻ってみると出てくる議論がめちゃ
盛り上がってきているのは楽しいのです。

ただ、自分たちの議論に責任を持つ迫力が今ひとつ。アイデアを
もみ合うワークショップだから、それでもOKなのです。
でもリアリティと言うか気迫のような物がもひとつなんです。

やはり参加する者への根回しが事前に必要だなとつくづく想います。
posted by Hotwire at 06:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月17日

TR7000導入!ハンサム・ガーデン畝たて

 今年、百井の里は雨が多く開園準備が遅れがちでしたが、やっと

この日曜日に管理機を投入!畝を立てました。
tr7000u.jpg








 セブンーイレブンみどりの基金財団からの助成もあって、念願の

管理機を購入しました。1,391平方メートルの規模は、この管理機で

畝を立てるのは結構な作業です。4.5リットルの燃料を2回消費。

実働4時間程かかりました。
une10May16.jpg









 いったんトラクターを入れているので、もう少し乾燥さえすれば

すき易いはずなんです。晴れが2日続いた程度では、たっぷり水分

を含んでいて畝を立てるのも大変です。


 農園の裏手には桜公園が有ります。百井川にかかる丸太橋の先には

小さな東屋とベンチがあります。地元の自治会からもここを自由に

使って良いとの提案がありました。そこで、防獣フェンスの扉部分を

子供でも開け閉めできるように、小さいカラビナを買ってクリップし

ました。後、丸太橋にロープの手すりをつければ、安全に渡ってもら

えるかなと思っています。
pathfind1.jpgpathfind2.jpg











 次回の栽培指導日は5月23日(日)。まだまだやることいっぱい

あるんですよ。


TR7000導入!ハンサム・ガーデン畝たて -了-
タグ:農業
posted by Hotwire at 09:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月12日

京タケノコ朝掘り体験ツアーレポート

 ハンサム・ガーデンの栽培コースのみなさんと一緒に行く

『極み農家を巡るツアー』第一弾を催行しました。


 場所は、大原野と言って、長岡天神から小塩山へ上ったあたり

に広がるタケノコ栽培の里。野菜ソムリエの西村秋保さんが

大事にまもる農園での体験イベントです。


 朝、9時に大原野神社に集合したみなさんと、美しい里山が

広がる大原野の田舎道を抜けて農園に到着。

takenoko1.jpgtakenoko02.jpg










 五月晴のさわやかな風を感じる竹林は、なんとも美しい。

西村夫妻から、特殊な農具"ほり鍬"の使い方を習ったみなさん

は、思い思いに顔を出すタケノコを掘り起こし始めます。
takenoko03.jpgtakenoko04.jpg










 最初は移植ゴテが使いやすく、丁寧にタケノコ周りの土を

取り除きます。
takenoko05.jpgtakenoko06.jpg










みなさん、目が真剣!そりゃー錦市場あたりじゃ
このへんで取れたタケノコ、1個5,000円なんてざらにして

ますもの。


 みんながでっかいのに取り組んでる横で、西村さんは、

小さなタケノコをちょいちょいと掘り起こしは、ホイルに包み

はじめました。
takenoko07.jpg










 何するんだい?と見ていると、焚き火を起こして、なんと

『焼きタケノコ』だそうです!


 地元のポン酢で戴く、掘り起こしたばかりのタケノコは、

本当にうまい!ほり起こしたその場でしか味わえない贅沢に

皆感動です!



 一人5本は掘り起こしたあたりで、お昼ご飯の会場へ移動

話題は今年の栽培計画や食の安全のこと、農業のことと、話

がつきないのでした。



 切が良いところで、せっかくだから、花の寺(勝持寺)を

見に散策にでかけてうららかな休日を過ごして戴きました!

このツア〜また来年もパワーアップしてやります!

参加戴いた皆様、ありがとうございました!
takenoko08.jpg










京タケノコ朝掘り体験ツアー御礼! -了-
posted by Hotwire at 21:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月28日

「散るぞ悲しき」は和式マネージメントの実践書



 「散るぞ悲しき」 -硫黄島総指揮官・栗林忠道
 新潮文庫 梯 久美子著



 ごっついい宝物を見つけた気分です。戦記モノとして読まず

日本型マネージメントのノウハウを学べる。



 マネジメント、マーケティングと言った異文化ノウハウは本当に

現場でお役に立ってますか?ビジョナリーを訴える米式ビジネス文

化に首を傾げた君に是非読んで欲しい一冊。



 僕ら街のスモールビジネスが、寄せ集めのポンコツ共を鍛えて、

世に信じる価値を問う企みであるとの自覚あるなら;

・寄せ集めの応召兵
・大本営からの支援無
・海軍からの横槍はいりまくり
・つかみどころの無い大義より、土間に寒風吹き込む隙間風に心配。
・伝統・慣習的先方より、今現場の課題を自由な発想で対処する。
・日本軍死者 2万、米軍死傷者 2万8千



 こんな戦いを指揮した指導者の企みを、本書は、きちんと生存者の

証言や残された資料から整理しています。



 日本人にとって、腑に落ちる、日本型のマネージメントを学ぶ書

だと断言します。



 諸君、日本型高付加価値戦略を商いの現場で実践するには、やは

り日本型管理のお手本を読むべきだぜ。



「散るぞ悲しき」は和式マネージメントの実践書 -了-
posted by Hotwire at 22:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 歩く-雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月26日

現場に出かける者と続けられる者の違い

 熱中できる最初の思いつきや仮説はほとんどの場合見事に

外れている事が多かったように思います。

 僕の場合、これは行ける!と思ったものはことのごとく外

してきています。本当に企画の残骸と失敗したサービスだら

けです。



 ただ、少なくとも現場にでてゆかなければ、その仮説を確

かめる方法は無いと思うんですよ。

 自分の愚かさやふがいなさに傷ついて、やーめた!と旗を

下ろすのは簡単。だけど、仮説のずれをもう一度考えて、

どうすれば上手くゆくのかを何度も何度も考える。



 現場に囚われたり、自分の確信を疑えないと、次の一手は

企めません。ただ本当に心が折れそうになる。そうした時は、

自分の企画や提案を受け入れてもらえた体験や、受け入れて

くれるであろう、未来の仲間やお客様を連想してみることに

しています。



 とっても暖かい気持ちになれたら、また明日も頑張れます。

僕は、こうした仲間とお客様に恵まれてきたように思います。



 誰と働きたいのか。

 誰のために頑張るのか。

そこがはっきりしていると、続けられます。



現場に出かける者と続けられる者の違い  -了-

2010年04月21日

パパ30歳のマーケティングコンセプト

 京都市内の子育て家庭一部のニューモードを除くと勢いが

あるゾーンは、未就学児童を育てるパパになるようだ。


 パパスク。パパの集まる広場として、京都の有名産院"

足立病院"が提供するコミュニティは、人気の御所南小学校

を中心に子育て熱心な家族が集まっている。



 子供と一緒に過ごす時間を、若いパパ達が嗜好するのなら、

消費は外へ向かず、どんどん父子の体験に向かってゆくのじゃ

ないかな。



 今、こうしたコンセプトの上に企画された体験サービス

が少ないように思います。



 小学校に入ったりするといろいろと出てくるのですが、

未就学児童との時間にチューニングを合わせたもの。



 バカボンのパパは、ストレス無く楽しい事を見つけては、

バカボンやハジメちゃん、お母さんを巻き込んで行きます。

あの漫画では41歳と言う設定だったのですが、今感じるニーズ

はもっと若い30歳前半のお父さんが家族に向き合う欲求です。



 ハンサム・ガーデンでは、そこんところを拾い出してゆこう

と考えています。



パパ30歳のマーケティングコンセプト -了-

タグ:バカボン

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。