2008年05月29日

禁煙者になった割合は、40歳代で26.4%

 僕は33歳で喫煙をやめました。ごくまれに紫煙の誘惑に淡くうずくこともありますが、やめて以来まったく喫むことはありません。ただ周囲のタバコ臭がとても不快で、出来る限り避けたい。これはかつて喫煙習慣があった人に多く見られる現象だと感じています。
 さて、どの程度の禁煙者がホテルを利用しているのでしょうか?これまで、僕が聞いたホテルマネージャークラスの直感的な感覚では、およそ半分づつと言う意見か、禁煙者がやや少くないのでは、との感覚的な判断が圧倒的に多いように思います。

 平成16年の厚生労働省の調査では、過去に喫煙習慣があったものは、20歳代(6.0%),30歳代(10.4%),40歳代で(26.4%)。
 かつて喫煙習慣があった40歳代男性の4人一人がタバコを辞めている。2007年に我々が行った、宿泊者アンケート調査では、喫煙者が占める割合が29.7%。

 6割から7割が喫煙しないわけです。ここから、商品の構成も当然変わってくるべきですよね。


▼国民栄養調査 17P喫煙の状況
http://www.mhlw.go.jp/houdou/2007/05/dl/h0516-3c_0005.pdf



posted by Hotwire at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。