2008年10月27日

ちゃんばら指南と寿司の握り方を学ぶツアー

ホットワイヤーの着地旅行企画業務はこんな具合に進みます。

 時代劇のちゃんばらシーンでは、どのように立ち回るのかをキチンと考えて稽古する。この殺陣を指導してくれる映画制作関連のスタジオにて、外国人にサムライのたちまわりを覚えてもらと言う体験ツアーを企画中です。

 今日はそんなスタジオでの殺陣稽古と寿司握りをすし屋で学ぶと言う取材。


 正座にはじまり、剣道の心構えについて触れる師匠はベテランの指導者だ。厳しい指導は出会ったときから想像できたが、モデルの彼らにこの緊張感はまったく伝わらない。稽古場に入った瞬間、飾ってあった模造刀を鞘から勝手に引っ張り出して奇声をあげる始末だ。

 みるみる師匠のまゆがつり上がるのを感じるや、すぐに状況を伝えるものの、彼らのゴキゲンな興奮を納めるのは一苦労。

 レッスンがはじまり、木刀の握りかたから素振りをするが、なかなかサマにならない。
gr1.jpg

ちゃんばら寸劇ができるところまで腕を磨いてもらうつもりなのだが、道のりは長そう。 60分も基本的な姿勢指導の成果があって、どうにか太刀合わせ。
gr2.jpg








 90分の稽古を終えて、次に向かったのは大阪ミナミの寿司店。今回、店長みずから、寿司の握り方を指導してくれるメニューなのだ。

toby_nigiri.jpg 

 ひげのモデルさんはそもそもイタリア料理店のシェフゆえ、手つき良く握り方をおぼえてゆく。1時間ばかりの間になんとか握りを覚えてもらいゆっくりお食事。


wes_nigiri.jpg



susitorio2.jpg
 海外からこられる海外ゲストに提供するプランとして、今後のツアーシナリオに鍛えてゆく予定です。

dotonbori.jpg

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。