2010年02月24日

一番、学びを求めている受講見込グループ

KIホットワイヤー・プロジェクトと言う取組では、セミナー

講師のプロデュースを行っています。

昨日、とあるセミナー会社マネージャーとの事業会議で、参考

になるアドバイスを戴きました。



その組織では、セミナーをフロント商品として扱い、その受講

後に現場の活性化サポートを事業を展開されておられます。



さて、一通りサービスの展開構想を説明した後の質問は;


『社会人はどう勉強するのでしょうか?』
『社会人の学びって何ですかね?』



でした。



 これって、一番僕らが不安に感じている要素で、先行してお

られる組織や受講ターゲット層を絞り込んでゆくとまさに、こ

こに従う方針に自信がもてなくなります。

 僕らの周囲を見渡しても、そこそこピンチなはずの商売人ほ

ど学びへの情動が低くい。上手くゆきそうなヒントを見つけた

奴ほど必死に本読み込んでますよね。



モチベーションが最も高いターゲット受講層は;



●瀕死のリーダー
●チャンスに巡り合ったビジネスパースン



 と言う対極のポジションじゃいないですかね。

どちらも待ったなしの状況なので、講座を企画しても、受講

して戴く余裕があるかどうかは疑問。



 また受講でいろんな学びを得ても行動を起す人は、これまた

少ないもんなんです。

 リーダーに成り代わり、部下の営業行動をフォローします!

的なサービスが成果に結びつくんじゃないですかね。



一番、学びを求めている受講見込グループ -了-

ラベル:セミナー

2010年02月22日

顧客の為にやるべき絞込み。

 時間は誰にも平等で、季節も等しくめぐってきます。

自分達のサービスを必要としてくれる顧客の為に、汗をかくべきです。

僕らスモールビジネスの経営リソースは本当に限られていて、よほど

集中していないと、自分達がやりたい事とはまったく関係の無い取組

に無駄に消費されている場合が少なからずあります。



 自分達のサービス特徴を活用して戴けるかそうでないかで、積極的

に顧客を選ぶべきです。提供するサービスを必要としてもらえるか否

かでゲストを絞り込んでみて、誰も残らないなら、そのサービスは、

この世に必要無いということですから、今忙しくても、いずれ必要と

されなくなります。



 自分達の仕事を本気で鍛えて、見込み顧客の体験価値創造に全力で

あたるなら。自信もって、顧客を絞るべき。ただ、やみくもに飛んで

くるボールを選ぶのではありません。自分達のサービスを利用戴き、

喜んでもらえるイメージがもてない顧客を切るべきだと思うのです。



 必要とされる誰かのために自分の腕を磨いてゆく。すると、お客様

を簡単に増やす訳にゆかなくなるものです。



顧客の為にやるべき絞込み。 -了-

2010年02月20日

サービス提携で、お宝発見!

 ホットワイヤーが単独で提供してきた会議研修会場、そして講師

の手配といったサービスは競合がたくさんいます。



 内容が同じならば、価格や提供条件の良いモノが選ばれるのは当

然ですよね。はやりのネット・マーケティングやコミュニティに売

り込むテクニックも良いのですが、最大共通項を探るような訴求ス

タイルに限界を感じます。



 今、我々の講師さんをホテルと連携して提案するサービスモデル

を模索しています。A×B=xABを狙ってはじめたのですが、最近ある

事に気がつきました。



 それは提案をする度に、見込み顧客からの視点がAだけ、もしく

はBだけとは違った切り口でヒントをくれることです。単独のアプ

ローチでは、聞けなかった事がとても多くあるのです。



戦う土俵を少しずらすだけで、これまでの商材コンセプトが、

ぜんぜん違う顔つきになって、新しい魅力を放ってくれそうです。



 b2bサービスであっても、要は個人のつながりです。見込み顧

客は琴線に触れる未来の価値に飢えています。顧客のニーズを共通

項におしこんだ対応の設計から、僕らの個性は伝えられないと思い

ます。



 価格政策にでる前に、柔軟な対応に取組んでみるだけでも、意外

な発見がいっぱいでてきます。



サービス提携からお宝発見! -了-


2010年02月19日

広告に頼りますか?

 ホットワイヤーのホテル予約サービスを利用戴くお客様

は会場を利用するか宿泊、はたまた宴会といった目的で、

僕らにコンタクトを取ってこられています。



多くの顧客が、検索して、購買の意思がかなり盛り上がっ

た状態でコンタクトを取ってこられますから、交渉ニーズ

を読み違えると本当に成約できません。



 テスト・マーケティングであれ、プロジェクト立上であれ

つまるところ、顧客が一番必要になります。そことの出会

いを広告で行うと本当に獲得コストが高くつきます。



多くの場合、販売利益に見合わなくなってきています。

立上段階のお客さん集めを、広告でまかなおうとする企画

で僕らは幾度も痛い思いをしてきました。



 自分達のサービスや商品をきちんと鍛えているなら、

気づいてもらい、関心をもってもらう仕掛けに投資する方

が最初のステージは上手くゆくように思います。



 昨日、ネットDMを携帯電話で展開しようとするビジネ

スへのお誘いを戴きました。

 彼らの組織には5万人の会員がいるそうです。会員の携

帯電話に様々な広告メールを送付するそうなのですが、こ

の組織は、会員に1クリック1円を支払いクリックしても

らう仕掛けを提供しているとの事。



整理します。


・まったく興味の無いメールが送られてくる。
・会員は、指示に従い、暇なときに一生懸命クリックする。
・会社は1200回クリックされた時点で会員に支払う。


 全ての広告がこのように消費されるとは思えません。

だけど、まだ広告に頼りますか?



広告に頼りますか? -了-

2010年02月18日

無理を聞く

 今週末、伊勢方面に小団体で旅行に行きたいのだが。

といっても後4日程度しかありません。人数もバス一台分の

問合せを戴きました。



 仲間で無理して調整しましたが、予算内に収まりそうにあり

ません。結局のところ、思うようにまとまらず契約にはなりま

せんでした。



 取引先からの紹介と言う絶好のチャンスでもあったのですが、

本当のところを聞き取りきれずに時間切れとなりました。



 問合せの内容を情報に整理するだけでは、本音が見えてきま

せん。お客様本人も気づいていない場合が多い。



 ここを聞き取るには、想像力が鍵となる。それを本当に実感

しました。聞き取り力といったものが一番成約率の差となって

現れるように思います。



お客様の本音に無関心ではいかんのです。



無理を聞く -了-

2010年02月17日

就農者不足?それとも価格が安すぎるのか?

2007年度日本の就農人口は284万人、農業総産出額は8.19兆円

一方日本の大手企業の2007年度売上と社員数を調べてみると、


キヤノングループ 4.48兆円 16.5万人
日立製作所 10.24兆円 35.8万人
全農 5.61兆円 1.1万人!!

▼日本全体の農業規模
農業産出 8.19兆円   284万人


だいたい就農者は年間289万円の作物を売り上げて、173万円の農業

所得をあげている計算ですね。月給にすると14万円ばかり....。


●情報の出所は統計局です。(Excelデータ)


マーケット規模から考えると

競合(就農人)が多すぎるか....。

効率が悪すぎるのか....。

価格が安すぎるのか...。

そこを考える必要がありそうですね。



こんな事を考えるきっかけになったのは、次の本です。

"企業の知恵で農業革新に挑む" 山下 一仁

 まだ読んでる最中なのですが、参考になります。



就農者不足?それとも価格が安すぎるのか? -了-
ラベル:農業問題
posted by Hotwire at 18:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月16日

小さいじゃがいもでも喜んでもらえる

 昨年、百井の里ファームの春じゃがは大きく育つ前に収穫して

しまわねばなりませんでした。


 隣の畑で疫病が出たからです。人に影響は無いのですけれど、

一旦でてしまうと止めようがなくて、どんんどんひろがります。


 仕方なく、僕らは全てのジャガイモを予定よりかなり早く

掘起しました。小さなものは素揚げで食べてしまえる程のサイズ

でした。ところが小ささを楽しんでもらえたのも、皆で育てる

体験農園ならではかなと思います。



 ここにヒントがあると思われませんか?必ずしも、農産物の

常識だけで、商品価値が決まるとは限らないわけなのです。

すこし土俵を変えて、見直してみれば、いつもと違う購買者に

とって、小さなジャガイモは価値がある。



 先日、京都府の中山間地の振興策について、京都府職員や大学

の先生と意見交換するワークショップに参加しました。

国と地方自治体はこの35年で76兆円もの事業を実施しましたが、

集落の人口減少は止まりません。



 リテール案出の原則では、金をかけるより手間をかける事から

新しい価値を生み出せると僕は考えます。農山村地域の集落再生

に必要な取組は、担い手を評価するモノサシを行政側にインスト

ールする事じゃないかな。そんなふうに思うんですよ。



小さいじゃがいもでも喜んでもらえる -了-
ラベル:価値経済
posted by Hotwire at 22:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月15日

思いつきを鍛える。

欧米人の日常生活に僕ら日本人の定番メニューは、しつこさや味の

濃さが彼らにとっては物足りないものの、ちょっとした工夫で随分ヘ

ルシーな組み合わせを提供できます。



 今日、友人のオーストラリア人シェフと日本料理レシピを海外に紹

介するのはどうか?といったセッション。英訳してみた料理の作り方

と材料を見てもらいながらの相談に乗ってもらいました。

 当初のアイデアはどうしてもプロダクトアウトになりがちで、日本

料理の組み合わせや、器の美学を『これでどや!』とばかりにおしつ

けてしまいがちでしたが、残念ながらちっとも受けません。

それより、ベネフィットを起案者に浮き彫りにしてもらったところ、



『日本食ってヘルシー』 ≒ 健康的



『ワン・ツー・スリーの3ステップでできちゃう』 ≒ お手軽





といった具合に受けてのメリットにやる事を絞ってゆくと、やること

が見えてきました。

 受け取り手のメリットを洗い出せるまでが難しいですよね。この企

画は展開が面白そうです。



思いつきを鍛える。 -了-
posted by Hotwire at 22:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月10日

もてなしの心と長幼の序

日本に育った僕たちには先輩を尊敬し、幼いものを慈しむ考え方が

心の中にインストールされています。

 ただ昨今の暮らしでは、この美しい心根に触れる機会が少なくな

りました。そのせいでしょうか、どうしても形式知にとらわれて、

年をより多く重ねたものが、必ず目上のものとして扱われます。



 これは決して正しく無く、いろいろな弊害をもたらしています。

無理をして続かなくなる。心が折れる大人はそうしたものの、最た

る事例かなと思います。



僕は、40を過ぎたあたりから、やっと相手の話を聞けるようになった

かなと思います。相手を待つことが出来るようになったということです。



 今日、不思議な電話を一本もらいました。昨年、上手くゆかなか

った関係なのですが、たった10秒の会話でかつての疑念は氷解し、

このずいぶん若い友人が、僕らを思いやってくれている。

 彼の慈しみともてなしの心に感謝するばかりでした。



胸襟を開き、想いを持つことで、プロジェクトはさらに動くと思い

ます。今年の活動が楽しみでなりません。



もてなしの心と長幼の序 -了-

posted by Hotwire at 18:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月09日

栽培の体験価値を豊かに連想させる情動

 栽培という営みと社業である旅行業とどこで切り分けるのかと

考えると明確な区別ができません。

 僕のマーケティング立案全てに繋がっているように思うのです。

畑仕事を終えた後に眺める農園、収穫した野菜を皆で味わう瞬間

どれも僕の生活品質をあげて、リテールの企画力をアップさせて

いると思います。



 収穫した野菜を味わった感動は筆舌に尽くしがたく、誰かに

説明することは難しい。いろんな人に聞かれるのですが、本当の

ところは多くは語れません。



 こちらから伝えたい思いが抑えられない時には一言



『召し上がってみます?』



 とだけ伝えることにしています。



 そこで気が付いたのですが、味わう行為ほど体験価値を伝える

プロモーションはないんじゃないかな。

そこで、野菜ソムリエの西村秋保さんと相談。収穫物を楽しんで

もらう料理教室をコーディネイト中!

 京野菜を楽しむイベントにしてゆきます。

kitchen1.jpgkitchen2.jpg












栽培の体験価値を豊かに連想させる情動 -了-
ラベル:料理教室

2010年02月08日

やってることの遠く先にあるコト

 僕らは何をやりたくて、今、苦労しているのだろうか。

このところの状況が、思い描いた未来とあまりにかけは

なれてしまった時。どう修正して良いか判らない時。



 もう一度、最初からやるとしたら、どのように組み立

てるか考えると、いろんな事が見えてきます。



 長くプロジェクトを追いかけていると、知らない内に

あれもこれもと余分なモノを抱えてしまっていることが

多いものです。捨てるに捨てられないものを整理するに

も、もう一度最初から仕切りなおして見るんです。



 今日、相談を受けました。本当に市況は厳しい。だけ

ど全て帳消しにしてしまう必要は無い。今一度、自分達

の生い立ち、人脈、トレーニング受けたもの、強み、弱

み、思い描いた夢を棚卸して見ると、意外な方針が見え

て来ます。



 今の立ち位置から、半身ずらしてみるだけでも、新し

い商いが生み出せるものです。試してみる価値は十分に

あります。



 それにしても、どんな具合に、どの生活品質をあげる

のか。そこを話し合える仲間を沢山もっていると、方針

を考える取組も加速できますよね。



この世は何だってありですよ。頑張りましょう!



やってることの遠く先にあるコト -了-

2010年02月07日

百井に雪がきた!

暖かい天気に少し挫けそうになっていた"越冬野菜を掘起すツアー"

ですが、ついにガツンと百井の里に雪が来ました。
momoi1_gate.jpgmomoi2_clubhouse.jpg












 現地からの報告では、前が見えない程の吹雪とのこと。直前の調

整もあって、畑にあがってきました。



 すると、そこは積雪50cmを超える、雪国です!

momoi3_hatake.jpg


 こんなに雪がつもるとは思っていませんでした。週間天気予報に

よると、月曜日あたりに少し寒さが緩むとの事。

 それにしても、少し道をつけておかないと、ひざ上まで雪に足を

とられて、野菜を掘起せる感じではありません。

momoi4_spinatch.jpg


 スコップをもってスタッフと一緒に雪かきをして道をつくりまし

た。なんとか、ほうれん草を見つけ、かじってみると....。



 甘い! こんなに甘さがあるなんて!これは楽しんでもらえそう

です。木曜日も今日のように晴れる事を祈りましょう!



百井に雪がきた! -了-


ラベル:越冬野菜
posted by Hotwire at 20:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月05日

人のつながりが事業を進めます

 会計の先生とのミーティング。本年の三月で大学を退官され、

春から僕らと取組む新しいアイデアがいっぱい。気が付けば、

わが社も18期。ずいぶん長く見ていただいているもんです。

相談も信頼あってのこととしみじみ思いました。



 その後は、宇多野のユースホステル協会に担当者を訪ね、

ハンサムガーデンの展開を相談。今年は野菜の直売と料理教

室を企画したいな。そんな相談で盛り上がりました。

宇多野で野菜の直売と料理教室は良い案かもしれません。



 夕方からは烏丸で京都NPOセンター主催のファンド・レイ

ジングセミナー。助成主催者の背景、審査基準を読み込むノウ

ハウには脱帽。残念ながら、京都地域創造基金の創業助成には

選ばれなかったが、内部スタッフが皆、いい線いってたんだよ〜

だけどハンサム・ガーデンさん助成なくても自立できそうじゃ

んと審査の感想を聞かせてくれました。



 気が付けば、あっと言う間に金曜日。

それでは皆さん、良い週末を!

人のつながりが事業を進めます -了-
posted by Hotwire at 23:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月04日

ランチ体験で、購買情動を引き出してみる。

最近、昼飯でよく通っているのが、近所のPescardさん。

Pescardは数人でやってる農業企画のようで、能勢で有機栽培

をやりながら、横堀のお店で自分達で作った野菜を使った料理

を出しているんですよ。


 ランチのサラダは好きなだけ取り分けるタイプ。工夫しなが

らお客さんを掴んでいるのが勉強になります。


 先日、取引ホテルの支配人を案内したら、野菜の甘さにびっ

くり!僕らの野菜を買ってくれそうな方向に動いてゆきました。

やっぱり感動体験は強い購買情動を引き出します。


 ランチどき、ハンサム・ガーデンの案内チラシを置かせても

らいに立ち寄りながら、能勢の畑について情報交換。

 なんとハウスも建てちゃったと言うのは凄いな。今年は、春

野菜の苗もハウスで育ててみるとの事。


(特非)ジオライフ協会は、こうした半農仲間を応援してゆく企

画を積み上げてゆきます。


ランチ体験で、購買情動を引き出してみる。 -了-

posted by Hotwire at 19:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 有機農業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月03日

Twitterの活用

  • デスク前でツイッターなんぞを使い出すと、本当に時間が

    横取りされてしまう。集中したい時は会社にいちゃだめですね。



    ただ、ネットワークは広がります。例えば、かつて受講して

    いたセミナーの仲間、同じ事業テーマを追いかけているビジ

    ネスパースン。北海道から九州にまで広がる何人かとは、

    まるで机が隣の同僚のように、ほぼ毎日、メッセージを交わ

    しています。



    ツイッターで知り合った東京のイタリアンレストラン経営者から

    仕入れるお野菜について教えてもらっています。さすがに、

    商圏が離れているので、お互いにバッティングしないせいか、

    僕らの作付けと販売計画に組み込んでも、迷惑をかけません。

    だから、こちらも本音で話してゆきます。すると先様も割り

    とオープンに教えてくれたりします。



     積極的に自分のことを公開していると、早く信頼を培って

    ゆける。それを体験した人達はどんどん実名でアカウントを

    登録して、自分のblogも公開しています。



     今、僕にとってあまり価値がなくても、誰かにとって、お

    役に立つコトって結構あります。このツィッター、わらしべ

    長者物語を加速するそんな御役立ちツールとして活用させ

    て戴いております。


    Twitterの活用 -了-

ラベル:つぶやき
posted by Hotwire at 18:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月02日

リテール情動と報酬

今期、大阪産業創造館と連携して『抗疲労・癒し』ビジネスの
快眠部門のコーディネイトを担当させて戴きました。


思うに『抗疲労・癒し』を、個人レベルで実践するには、提供
されるサービスを消費するだけになっています。具体的には、
疲れが取れるベッドを買おうとか、アロマを焚いてリラックス
しましょうとか。そうした商材の提案しか集まりませんでした。


 事実、こうした抗疲労・癒しサービス広告訴求のトレンド・
コンセプトで、一番多いものは、まだ体験していない私と
すでにベネフィットを得ている誰かさんの生活品質差を刺激する
ものが多いように思います。


 今度はあなたの番です!でありますとか、まだ体験されてい
ない?などといった誘導モノです。


 でも、僕ら街で暮らす人々はそのような『消費』が暮らしを
豊かにする訳じゃなさそうだと思い出していませんか。だから
広告につられて、そうした商材を買わない。


 期間通して、疑問に思ったのは、疲れるって悪いことばかり
じゃないのじゃないかと言うことです。例えば、多くの若者の
恋愛初期ステージでは、信じられないような行動力を発揮しま
すよね。気が乗らない作業を同じ運動エネルギー分行えば、め
ちゃくちゃ疲れてもおかしくないけど、報酬に向けて疲れを知
らず活動します。


 居酒屋甲子園って御存知ですか?コンテスト発表の場は、そ
こらの芝居顔負けのパフォーマンスです。普段は、街角の居酒
屋で働くお運びさんだけど、晴れの舞台のためにすっごくがん
ばっちゃう。


 こうしたライフを体験した僕らは、達成感と言う報酬を知っ
てしまいます。
 そしてこうした記憶を通して認知する体験に報酬の予感を感
じて行動しているのだと思います。


 この連想を得ることが出来る文脈がリテール企画に必要なん
だと思います。


リテール文脈と報酬の認知 -了-
posted by Hotwire at 22:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月01日

百井は大雪!

 大阪市内は昨日につづいて雨模様。

irresistible.jpg


これで百井の雪も解けてしまったかなと、地元に電話。すると


「大雪やでぇ〜、昼から10cmは積もったわ」


とどこか嬉しそうな、宮田のおやっさんの声。


「根雪が無いからとけるかもしれんがなぁ〜」

今週末もがつんと冷えるらしいので、雪の下から野菜を

掘るツアー、がぜん楽しみになってきました。



 今日もハンサム・ガーデン栽培指導コースに問合せ!

こうしたお客様からのコンタクトに一喜一憂。



 一般募集に加えて、ホテルやCafeの皆さんと一緒に

耕作するパッケージも企画中です。収穫した野菜を一番

楽しむ方法を考えるとアイデアどんどん湧いてきます。

whoru.jpg


天気に期待!



百井は大雪  -了-
ラベル:体験農園
posted by Hotwire at 20:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。