2010年04月26日

現場に出かける者と続けられる者の違い

 熱中できる最初の思いつきや仮説はほとんどの場合見事に

外れている事が多かったように思います。

 僕の場合、これは行ける!と思ったものはことのごとく外

してきています。本当に企画の残骸と失敗したサービスだら

けです。



 ただ、少なくとも現場にでてゆかなければ、その仮説を確

かめる方法は無いと思うんですよ。

 自分の愚かさやふがいなさに傷ついて、やーめた!と旗を

下ろすのは簡単。だけど、仮説のずれをもう一度考えて、

どうすれば上手くゆくのかを何度も何度も考える。



 現場に囚われたり、自分の確信を疑えないと、次の一手は

企めません。ただ本当に心が折れそうになる。そうした時は、

自分の企画や提案を受け入れてもらえた体験や、受け入れて

くれるであろう、未来の仲間やお客様を連想してみることに

しています。



 とっても暖かい気持ちになれたら、また明日も頑張れます。

僕は、こうした仲間とお客様に恵まれてきたように思います。



 誰と働きたいのか。

 誰のために頑張るのか。

そこがはっきりしていると、続けられます。



現場に出かける者と続けられる者の違い  -了-
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。