2007年05月28日

オーガニック・ゲストルーム・デザイン

 ホットワイヤーの窪です。東京のデザインチームとホテル内装について、あるプロジェクトを検討しているのですが、そもそも家具屋である彼らからの提案は、とても暖かいものです。


オーガニック・ベビーベッド




 子供のベッドなのですが、大人のベッドと同じ高さに設計されていて、母親は快適に眠りながら子供に手が届くものです。またファブリックにオーガニック・コットンを使い、ホテル滞在中の子供のアトピー症状を抑える効果を期待できる提案が出されてきました。


 こうした客室のしつらえが、おっくうになりがちな家族を旅行へと誘い出して、思い出創りに一役かえる。そんなサービスが実現するかもしれません。コストの壁や維持する手段の検討等、課題はまだまだあるのですが、そこを乗り越えるのが、未来を思い描く仕事人の腕のみせどころ。
posted by Hotwire at 23:02| Comment(2) | TrackBack(0) | 活動レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは、もり@上方流です。
オーガニックコットンについて、ぼくの友人が記事を書いていますので、引用させていただきます。
http://blog.goo.ne.jp/fxdstar/e/5e15e31dddf45acc6e12eb769d7fd838
Posted by もり@上方流 at 2007年05月30日 21:35
もりさん、引用記事拝読しました。オーガニック・コットン、入手が難しいようですね。オーガニックルームコンセプトですが、主にオーストラリア人のデザイナーとの対話から教えてもらったものです。彼は今でも化学物質によるアレルギーがひどく、東京での暮らしもかなりのストレスを伴っているようです。

 大人もそうですが、外部との接触を制限される子供は本当に可愛そうですね。手軽な街のホテルで何か出来ないものかと模索は続いています。
Posted by 窪@ホットワイヤー at 2007年05月31日 19:24
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。