2007年11月08日

コリアタウンキムチ作りツアー

急に寒くなった大阪で、全社そろって見事に風邪ぎみのホットワイヤー。
おもてなし探求委員会管理人のヒガシです。
こんにちは。

先週末は、道頓堀スタジオジャパン主催の
『キムチ作りツアー>> http://www.hotwire.co.jp/dsj/index.html#3』に参加してきました。
あちらこちらに声をかけて集まった総勢23人。

JR鶴橋駅に集合し、路地から漂ってくる、
なんとなく日本とは違う雰囲気&匂いにワクワクしながら出発でするんるん

guide.jpg
▲とっても個性的晴れなガイドさんの説明を聞きながら、高架下を中心に広がる鶴橋駅前の商店街を抜け、「疎開道路」を渡り、コリアタウンと呼ばれる「御幸森商店街」へ。

tsuruhashi.jpg

chogori.jpg
▲コリアタウンには、カラフルなチマチョゴリを売る衣装店、韓国料理店、キムチ専門店、精肉屋、トッポギなどを売る屋台が並び、異国情緒たっぷり。


商店街ツアーを経て、たどり着いたのは、
コリアタウン内にある「洪家食工房」(2階はKOREAN CULTURE LABO)。
ここで、メーンイベントのキムチ作りに挑戦です手(グー)


kimuchi2.jpg
▲まずはキムチの歴史を学びます。

kimuchi3.jpg
▲使う薬味の種類にビックリ…。

kimuchi.jpg
▲ヤンニョム(合わせ調味料)を塩漬けした白菜に塗りこみます。
これを約1週間程冷蔵庫で寝かせれば食べ頃に・・・。


キムチ作りの後は、ガイドさんオススメの焼肉屋「キムチの壷」で、
ちょっと早めの夕食となりました。

yakiniku.jpg

ちなみに、日本では焼肉と言えば牛カルビですが、韓国では豚肉の焼肉が人気!
中でも、サムギョプサル(豚バラ肉)は、無くてはならない定番メニューです。

脂を落としながら肉がカリカリになるまで焼いて、ニンニクやキムチ、ネギなどと一緒にサンチュ、エゴマの葉などで包んで食べるのが韓国流だそうです。

yakiniku2.jpg
▲油を落としてカリカリに焼き上げます。


焼肉をほおばりながら、
韓国の大衆酒「マッコリ」(日本でいう“どぶろく”)で酔っ払い、
良い感じで楽しませていただきました (^^)。


今回参加頂いた方の中には、家が徒歩圏内!という地元の方もいらっしゃったのですが、「地元再発見でした!」と喜んでいただいて・・・嬉しい限りです。

ご参加いただいた皆さま、ありがとうございました☆。


犬今回参加したツアーはコチラぴかぴか(新しい)

    ↓↓↓

◆コリアタウンキムチ作りツアー◆-----------------------------------

◎開催日:毎月第1・3土曜日
    ※ご好評につき、2008年1月19日(土)まで期間延長!

◎料金:Aプラン/ツアーとキムチ作り体験のみ…3,200円
   Bプラン/本格焼肉フルコース付…6,300円

◎このツアーの詳細とお申し込みは、
 URL:http://www.hotwire.co.jp/dsj/index.html#3
 TEL:06-6947-8070 (予約センター)

----------------------------------------------------------------------



posted by Hotwire at 15:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。