2011年02月22日

農業って、食べること。

そのように考えると、飲食店とのコラボレーションがあるべきです。
売場を作って取組むなら、こんな軒先ショップは都会の中だからこそ


有効なんじゃないかな。そう思って、棚を作らせてもらいました!


 折りたたみ式なんだけど、九つの収穫カゴがディスプレイ可能。


輸入住宅時代の工具を持ち出して、中まで作り上げました。

dispSQ.jpg









素人仕事なんだけど、図面がしっかりしていれば、なんとかなるもの。

 
場所は横堀のカフェ・ペスカド。僕らの野菜を美味しく料理してくれる


お店でもあります。

ent.jpg












ランチに是非お立ち寄り下さい。

lunch.jpg

posted by Hotwire at 21:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月03日

e-maで、ファンタスティック・マーケットに出店〜


 Meetsリージョナルからのお誘いで、梅田のe-ma一階にて、開催された
イベントに、僕らのハンサム・ベジタブルマーケットを出店させて戴き
ました。

fantama-2.jpg

 









二日間、一こまを戴いて出店。なんと二日目は入り口ど真ん中に場所を
提供戴き、能勢の晴苗農園さんと並んで出品。野菜を出しているのが
この二者だけだったもんで、結構引きはありました。

fantama-3.jpg











 直営農場からの収穫も絞っていたもんで、途中で売り切れてしまう
と言う、情けない状態になってしまいました。


 野菜は、売れ残ると処分するだけになってしまうのですが、売り物が無い
と言う状況も悔しいですよね〜。

fantama-1.jpg









 このファンタスティック・マーケット継続されるようなので、僕らも
また参加させて戴けるかもしれません。

 来場戴けた皆様、ありがとうございました!
posted by Hotwire at 21:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月12日

ハンサム・ベジタブルマーケット@e-ma


 梅田のe-maで開催される、ファンタスティック・マーケットに
ハンサム・ベジタブルマーケットを出店します。

▼日程
10月27日(水) 12:00〜18:00
11月03日(祝) 12:00〜18:00

▼場所
e-ma一階

e-ma.jpg





  マーケットは明日から開催されるので、店舗はどんな感じなのか
興味あってe-maに立ち寄りました。

  店舗家具はgrafさんとあって、どんな具合なのか興味津々です。

 江戸堀の店舗に立ち寄って戴いた担当者はじめ、皆さん忙しげに
店作りされています。10/27の頃なら、秋冬野菜がいろいろとではじ
める頃。ハンサム・ベジマとしては、何を出そうか思案中です。

posted by Hotwire at 15:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月07日

マーケティングセミナー主催

とある業界組合の若手継承者が集まる分科会で、セミナーを
企画させて戴く機会がありました。

事業の個性分解と(4C)、取り組みたいプロジェクトを情報化する
目的で4Pに取り組むワークショップを後半にやりました。

僕らホットワイヤー活動、とりわけ会議、研修施設手配業務を
参考事例に説明してから、受講者に自分たちの活動を4C、4Pへ
と取り組んでもらったのです。

40人もの受講者を大別すると、すでに事業を受け継いだ方、あと数年で
受け継ぐ、もしくは当面予定(実感?)が無い、その他と言う構成。

悩みも背景毎に随分違います。講義後、ワークショップ自体の
盛り上げ役として各テーブルを廻ってみると出てくる議論がめちゃ
盛り上がってきているのは楽しいのです。

ただ、自分たちの議論に責任を持つ迫力が今ひとつ。アイデアを
もみ合うワークショップだから、それでもOKなのです。
でもリアリティと言うか気迫のような物がもひとつなんです。

やはり参加する者への根回しが事前に必要だなとつくづく想います。
posted by Hotwire at 06:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月17日

TR7000導入!ハンサム・ガーデン畝たて

 今年、百井の里は雨が多く開園準備が遅れがちでしたが、やっと

この日曜日に管理機を投入!畝を立てました。
tr7000u.jpg








 セブンーイレブンみどりの基金財団からの助成もあって、念願の

管理機を購入しました。1,391平方メートルの規模は、この管理機で

畝を立てるのは結構な作業です。4.5リットルの燃料を2回消費。

実働4時間程かかりました。
une10May16.jpg









 いったんトラクターを入れているので、もう少し乾燥さえすれば

すき易いはずなんです。晴れが2日続いた程度では、たっぷり水分

を含んでいて畝を立てるのも大変です。


 農園の裏手には桜公園が有ります。百井川にかかる丸太橋の先には

小さな東屋とベンチがあります。地元の自治会からもここを自由に

使って良いとの提案がありました。そこで、防獣フェンスの扉部分を

子供でも開け閉めできるように、小さいカラビナを買ってクリップし

ました。後、丸太橋にロープの手すりをつければ、安全に渡ってもら

えるかなと思っています。
pathfind1.jpgpathfind2.jpg











 次回の栽培指導日は5月23日(日)。まだまだやることいっぱい

あるんですよ。


TR7000導入!ハンサム・ガーデン畝たて -了-
ラベル:農業
posted by Hotwire at 09:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月12日

京タケノコ朝掘り体験ツアーレポート

 ハンサム・ガーデンの栽培コースのみなさんと一緒に行く

『極み農家を巡るツアー』第一弾を催行しました。


 場所は、大原野と言って、長岡天神から小塩山へ上ったあたり

に広がるタケノコ栽培の里。野菜ソムリエの西村秋保さんが

大事にまもる農園での体験イベントです。


 朝、9時に大原野神社に集合したみなさんと、美しい里山が

広がる大原野の田舎道を抜けて農園に到着。

takenoko1.jpgtakenoko02.jpg










 五月晴のさわやかな風を感じる竹林は、なんとも美しい。

西村夫妻から、特殊な農具"ほり鍬"の使い方を習ったみなさん

は、思い思いに顔を出すタケノコを掘り起こし始めます。
takenoko03.jpgtakenoko04.jpg










 最初は移植ゴテが使いやすく、丁寧にタケノコ周りの土を

取り除きます。
takenoko05.jpgtakenoko06.jpg










みなさん、目が真剣!そりゃー錦市場あたりじゃ
このへんで取れたタケノコ、1個5,000円なんてざらにして

ますもの。


 みんながでっかいのに取り組んでる横で、西村さんは、

小さなタケノコをちょいちょいと掘り起こしは、ホイルに包み

はじめました。
takenoko07.jpg










 何するんだい?と見ていると、焚き火を起こして、なんと

『焼きタケノコ』だそうです!


 地元のポン酢で戴く、掘り起こしたばかりのタケノコは、

本当にうまい!ほり起こしたその場でしか味わえない贅沢に

皆感動です!



 一人5本は掘り起こしたあたりで、お昼ご飯の会場へ移動

話題は今年の栽培計画や食の安全のこと、農業のことと、話

がつきないのでした。



 切が良いところで、せっかくだから、花の寺(勝持寺)を

見に散策にでかけてうららかな休日を過ごして戴きました!

このツア〜また来年もパワーアップしてやります!

参加戴いた皆様、ありがとうございました!
takenoko08.jpg










京タケノコ朝掘り体験ツアー御礼! -了-
ラベル:タケノコ堀り
posted by Hotwire at 21:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月20日

上手く行ってる農業ビジネス仕組を学ぶ連携

 楽しみながら広げている農園運営ですが、そもそも僕らの

なりわいは旅行業です。異業種からの農業参入と言うはやり

プロジェクトと言えます。



 周りを見渡せば、いろんな方が農への関わりを求めて活動

されています。また、結構な予算を初年度から組み込んでお

られる組織も良く見受けます。



 こんな時だから、皆で学ぶべきなんじゃないかなと思って

いたところ。かつて大阪市の関連団体で事業育成に関わって

おられた方から、独立したのヨと連絡ありました。

早速、このアイデアを投げかけたところ、面白いねやろうよ

とランチMTGはおおいに盛り上がりました。

 異業種から見る農業ビジネス勉強会を立ち上げてゆきたい

と思います。成果でている事例と自分達の現場を鍛える連携

が狙うところです。



 御興味ある方はホットワイヤーの窪まで!熱い会議にして

ゆきます。是非参加下さいませ。といっても、参加戴けるよ

うに、方針と会則なんぞを早急にまとめる必要ありますね。



上手く行ってる仕組みを学ぶ連携 -了-
ラベル:農業
posted by Hotwire at 22:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月19日

こんな小さな農具庫は風で飛ぶんじゃね〜か?

 百井の里ファームの小プロジェクトの一つが農具庫だ。

置きたい農具やもろもろの備品を収納する農具庫をなんと

してでも建てたかった。



 農地にはいろいろな制限があって、基礎を必要とする

建築物は建てられない。また、3坪を超えると建築基準法

の適用も受ける。建坪9.9平米以下の小屋をおっ建てるの

だが、限られた予算では2×4工法でというわけにもいか

ず。足場用に良く使われる単管パイプでくみ上げようと言

うことになり、現地に部材を運び込んだ。

pipe1.jpgpipe2.jpg











 誰も足場を組んだ経験なんぞはないものの、インパクト

レンチがあれば、意外に短時間で骨組みを組み上げる事が

できた。



 もともと水田だった農地は、20cmも掘り進むと小さな石

が敷き詰めてあって、40cmは杭を打ち込む予定だったのだ

がこれが入ってゆかない。最上部が20cmも高くなってしま

った。
pipe3.jpgpip4.jpg











 これを見た、地元の爺様連は、『風でぶっとぶぞ!』

と素人仕事に不安気。もっと杭を周囲に打ち込み、強い風

にたえられる構造が必要なようです。




 ただ、みんな本当に楽しそうに作業して、僕らの農具庫

が出来てきています。



 ここまでの部材費 74,511円!!ちょっと使い過ぎ。


小さな農具庫は風で飛ぶんじゃね〜か? -了-
posted by Hotwire at 20:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月14日

改正農地法による、農地の賃貸借契約

ぷちれんたを使って、北山から40分のドライブ。百井の里で

は小雪が舞っていました。う〜ん、雪国みたい。



 畑菜に咲いた菜の花を昼飯のコンビニ袋いっぱいに収穫。

今晩はこいつでおひたしとてんぷらですね。



地主様と農地をお借りする契約も無事完了。いよいよ企業とし

て営農に取組んでゆけます。



農地を一般企業でも借りて、営農することが出来るようになっ

たのですが、現場の事務所ではなかなか運用が伴ってきません。

今回、僕らの取組について、農業委員会事務所はとても好意的で、

NPO法人が農地法三条利用を使って知事の許可を取り付ける

利用形態にいろいろとアドバイスを戴けました。



 こうした情報を含めて、農業を考える勉強会を立ち上げたい

と考えています。今、僕らが一番必要としているのは、そうし

た学びを熱い仲間と共有する場じゃないかと思います。



改正農地法による、農地の賃貸借契約 -了-
posted by Hotwire at 18:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月19日

新しい農業ビジネスについてプレゼン

 洛南ロータリークラブにお呼び戴き、限界集落で成果をあげつつ

ある有機農業ビジネスについて、プレゼンテーションさせて戴く機

会を戴きました。



 里山の農地を再活用してゆくために、必要だと思う施策は

不在地主と農家の農地転用を認めない事と、農業がやりたい新しい

参加者に農地利用を認めて行くことじゃないかと思います。



 農地を相続しても、生業として収入があげられない場合、耕作が

放棄されてしまいます。ここを運営できる目論見をもった参加者に

利用させる取組が本当に限られています。



 収益をあげる農業の取組はどんなものか...。そんな僕らのチャレ

ンジにとても興味をもって戴けました。


 志をもてば、支援して下さる方が必ずでてくるのですよ。

ロータリークラブの皆様、有難うございます!


新しい農業ビジネスについてプレゼン -了-
ラベル:卓話
posted by Hotwire at 20:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月17日

就農者不足?それとも価格が安すぎるのか?

2007年度日本の就農人口は284万人、農業総産出額は8.19兆円

一方日本の大手企業の2007年度売上と社員数を調べてみると、


キヤノングループ 4.48兆円 16.5万人
日立製作所 10.24兆円 35.8万人
全農 5.61兆円 1.1万人!!

▼日本全体の農業規模
農業産出 8.19兆円   284万人


だいたい就農者は年間289万円の作物を売り上げて、173万円の農業

所得をあげている計算ですね。月給にすると14万円ばかり....。


●情報の出所は統計局です。(Excelデータ)


マーケット規模から考えると

競合(就農人)が多すぎるか....。

効率が悪すぎるのか....。

価格が安すぎるのか...。

そこを考える必要がありそうですね。



こんな事を考えるきっかけになったのは、次の本です。

"企業の知恵で農業革新に挑む" 山下 一仁

 まだ読んでる最中なのですが、参考になります。



就農者不足?それとも価格が安すぎるのか? -了-
ラベル:農業問題
posted by Hotwire at 18:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月16日

小さいじゃがいもでも喜んでもらえる

 昨年、百井の里ファームの春じゃがは大きく育つ前に収穫して

しまわねばなりませんでした。


 隣の畑で疫病が出たからです。人に影響は無いのですけれど、

一旦でてしまうと止めようがなくて、どんんどんひろがります。


 仕方なく、僕らは全てのジャガイモを予定よりかなり早く

掘起しました。小さなものは素揚げで食べてしまえる程のサイズ

でした。ところが小ささを楽しんでもらえたのも、皆で育てる

体験農園ならではかなと思います。



 ここにヒントがあると思われませんか?必ずしも、農産物の

常識だけで、商品価値が決まるとは限らないわけなのです。

すこし土俵を変えて、見直してみれば、いつもと違う購買者に

とって、小さなジャガイモは価値がある。



 先日、京都府の中山間地の振興策について、京都府職員や大学

の先生と意見交換するワークショップに参加しました。

国と地方自治体はこの35年で76兆円もの事業を実施しましたが、

集落の人口減少は止まりません。



 リテール案出の原則では、金をかけるより手間をかける事から

新しい価値を生み出せると僕は考えます。農山村地域の集落再生

に必要な取組は、担い手を評価するモノサシを行政側にインスト

ールする事じゃないかな。そんなふうに思うんですよ。



小さいじゃがいもでも喜んでもらえる -了-
ラベル:価値経済
posted by Hotwire at 22:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月15日

思いつきを鍛える。

欧米人の日常生活に僕ら日本人の定番メニューは、しつこさや味の

濃さが彼らにとっては物足りないものの、ちょっとした工夫で随分ヘ

ルシーな組み合わせを提供できます。



 今日、友人のオーストラリア人シェフと日本料理レシピを海外に紹

介するのはどうか?といったセッション。英訳してみた料理の作り方

と材料を見てもらいながらの相談に乗ってもらいました。

 当初のアイデアはどうしてもプロダクトアウトになりがちで、日本

料理の組み合わせや、器の美学を『これでどや!』とばかりにおしつ

けてしまいがちでしたが、残念ながらちっとも受けません。

それより、ベネフィットを起案者に浮き彫りにしてもらったところ、



『日本食ってヘルシー』 ≒ 健康的



『ワン・ツー・スリーの3ステップでできちゃう』 ≒ お手軽





といった具合に受けてのメリットにやる事を絞ってゆくと、やること

が見えてきました。

 受け取り手のメリットを洗い出せるまでが難しいですよね。この企

画は展開が面白そうです。



思いつきを鍛える。 -了-
posted by Hotwire at 22:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月10日

もてなしの心と長幼の序

日本に育った僕たちには先輩を尊敬し、幼いものを慈しむ考え方が

心の中にインストールされています。

 ただ昨今の暮らしでは、この美しい心根に触れる機会が少なくな

りました。そのせいでしょうか、どうしても形式知にとらわれて、

年をより多く重ねたものが、必ず目上のものとして扱われます。



 これは決して正しく無く、いろいろな弊害をもたらしています。

無理をして続かなくなる。心が折れる大人はそうしたものの、最た

る事例かなと思います。



僕は、40を過ぎたあたりから、やっと相手の話を聞けるようになった

かなと思います。相手を待つことが出来るようになったということです。



 今日、不思議な電話を一本もらいました。昨年、上手くゆかなか

った関係なのですが、たった10秒の会話でかつての疑念は氷解し、

このずいぶん若い友人が、僕らを思いやってくれている。

 彼の慈しみともてなしの心に感謝するばかりでした。



胸襟を開き、想いを持つことで、プロジェクトはさらに動くと思い

ます。今年の活動が楽しみでなりません。



もてなしの心と長幼の序 -了-

posted by Hotwire at 18:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月07日

百井に雪がきた!

暖かい天気に少し挫けそうになっていた"越冬野菜を掘起すツアー"

ですが、ついにガツンと百井の里に雪が来ました。
momoi1_gate.jpgmomoi2_clubhouse.jpg












 現地からの報告では、前が見えない程の吹雪とのこと。直前の調

整もあって、畑にあがってきました。



 すると、そこは積雪50cmを超える、雪国です!

momoi3_hatake.jpg


 こんなに雪がつもるとは思っていませんでした。週間天気予報に

よると、月曜日あたりに少し寒さが緩むとの事。

 それにしても、少し道をつけておかないと、ひざ上まで雪に足を

とられて、野菜を掘起せる感じではありません。

momoi4_spinatch.jpg


 スコップをもってスタッフと一緒に雪かきをして道をつくりまし

た。なんとか、ほうれん草を見つけ、かじってみると....。



 甘い! こんなに甘さがあるなんて!これは楽しんでもらえそう

です。木曜日も今日のように晴れる事を祈りましょう!



百井に雪がきた! -了-


ラベル:越冬野菜
posted by Hotwire at 20:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月05日

人のつながりが事業を進めます

 会計の先生とのミーティング。本年の三月で大学を退官され、

春から僕らと取組む新しいアイデアがいっぱい。気が付けば、

わが社も18期。ずいぶん長く見ていただいているもんです。

相談も信頼あってのこととしみじみ思いました。



 その後は、宇多野のユースホステル協会に担当者を訪ね、

ハンサムガーデンの展開を相談。今年は野菜の直売と料理教

室を企画したいな。そんな相談で盛り上がりました。

宇多野で野菜の直売と料理教室は良い案かもしれません。



 夕方からは烏丸で京都NPOセンター主催のファンド・レイ

ジングセミナー。助成主催者の背景、審査基準を読み込むノウ

ハウには脱帽。残念ながら、京都地域創造基金の創業助成には

選ばれなかったが、内部スタッフが皆、いい線いってたんだよ〜

だけどハンサム・ガーデンさん助成なくても自立できそうじゃ

んと審査の感想を聞かせてくれました。



 気が付けば、あっと言う間に金曜日。

それでは皆さん、良い週末を!

人のつながりが事業を進めます -了-
posted by Hotwire at 23:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月03日

Twitterの活用

  • デスク前でツイッターなんぞを使い出すと、本当に時間が

    横取りされてしまう。集中したい時は会社にいちゃだめですね。



    ただ、ネットワークは広がります。例えば、かつて受講して

    いたセミナーの仲間、同じ事業テーマを追いかけているビジ

    ネスパースン。北海道から九州にまで広がる何人かとは、

    まるで机が隣の同僚のように、ほぼ毎日、メッセージを交わ

    しています。



    ツイッターで知り合った東京のイタリアンレストラン経営者から

    仕入れるお野菜について教えてもらっています。さすがに、

    商圏が離れているので、お互いにバッティングしないせいか、

    僕らの作付けと販売計画に組み込んでも、迷惑をかけません。

    だから、こちらも本音で話してゆきます。すると先様も割り

    とオープンに教えてくれたりします。



     積極的に自分のことを公開していると、早く信頼を培って

    ゆける。それを体験した人達はどんどん実名でアカウントを

    登録して、自分のblogも公開しています。



     今、僕にとってあまり価値がなくても、誰かにとって、お

    役に立つコトって結構あります。このツィッター、わらしべ

    長者物語を加速するそんな御役立ちツールとして活用させ

    て戴いております。


    Twitterの活用 -了-

ラベル:つぶやき
posted by Hotwire at 18:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月02日

リテール情動と報酬

今期、大阪産業創造館と連携して『抗疲労・癒し』ビジネスの
快眠部門のコーディネイトを担当させて戴きました。


思うに『抗疲労・癒し』を、個人レベルで実践するには、提供
されるサービスを消費するだけになっています。具体的には、
疲れが取れるベッドを買おうとか、アロマを焚いてリラックス
しましょうとか。そうした商材の提案しか集まりませんでした。


 事実、こうした抗疲労・癒しサービス広告訴求のトレンド・
コンセプトで、一番多いものは、まだ体験していない私と
すでにベネフィットを得ている誰かさんの生活品質差を刺激する
ものが多いように思います。


 今度はあなたの番です!でありますとか、まだ体験されてい
ない?などといった誘導モノです。


 でも、僕ら街で暮らす人々はそのような『消費』が暮らしを
豊かにする訳じゃなさそうだと思い出していませんか。だから
広告につられて、そうした商材を買わない。


 期間通して、疑問に思ったのは、疲れるって悪いことばかり
じゃないのじゃないかと言うことです。例えば、多くの若者の
恋愛初期ステージでは、信じられないような行動力を発揮しま
すよね。気が乗らない作業を同じ運動エネルギー分行えば、め
ちゃくちゃ疲れてもおかしくないけど、報酬に向けて疲れを知
らず活動します。


 居酒屋甲子園って御存知ですか?コンテスト発表の場は、そ
こらの芝居顔負けのパフォーマンスです。普段は、街角の居酒
屋で働くお運びさんだけど、晴れの舞台のためにすっごくがん
ばっちゃう。


 こうしたライフを体験した僕らは、達成感と言う報酬を知っ
てしまいます。
 そしてこうした記憶を通して認知する体験に報酬の予感を感
じて行動しているのだと思います。


 この連想を得ることが出来る文脈がリテール企画に必要なん
だと思います。


リテール文脈と報酬の認知 -了-
posted by Hotwire at 22:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月01日

百井は大雪!

 大阪市内は昨日につづいて雨模様。

irresistible.jpg


これで百井の雪も解けてしまったかなと、地元に電話。すると


「大雪やでぇ〜、昼から10cmは積もったわ」


とどこか嬉しそうな、宮田のおやっさんの声。


「根雪が無いからとけるかもしれんがなぁ〜」

今週末もがつんと冷えるらしいので、雪の下から野菜を

掘るツアー、がぜん楽しみになってきました。



 今日もハンサム・ガーデン栽培指導コースに問合せ!

こうしたお客様からのコンタクトに一喜一憂。



 一般募集に加えて、ホテルやCafeの皆さんと一緒に

耕作するパッケージも企画中です。収穫した野菜を一番

楽しむ方法を考えるとアイデアどんどん湧いてきます。

whoru.jpg


天気に期待!



百井は大雪  -了-
ラベル:体験農園
posted by Hotwire at 20:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月31日

置きチラシとポスティングの効果

 ハンサム・ガーデンの募集告知セットを知り合いのお店

へ届けて廻りました。どうしても午前中、他の業務がつま

っていて、大阪の事務所を出たのが12:00頃。日没までに

目標は5件!それもかなり広範囲です。天気もいいし、自

転車で廻ることにしました!

rinko1.jpg

京阪天満橋駅から叡山電鉄『市原』駅まで愛車ブロントン

コンパクトにたたんで輪行。

ichihara.jpg
<叡山電鉄市原の駅!!>

今回、A6サイズのフライヤーを2万部ポスティング。

これは地元の配布業者に依頼。


 この他、置きチラシを1,000部ほど、京都市内のCafeや

お料理屋さんに設置予定です。



 ポストに投函されるフライヤーに比べて、興味をもって

持ち帰ってもらえる置きチラシと、訴求力がぜんぜん違う

と思いませんか?



 市原についた頃にはすでに14:00、早速、静原を抜けて

大原へ!最初のデリバリー先は大原、里の駅。事務所で

タミさんに挨拶。『募集はいつからですか?』と気にかけ

て戴き、オクラ種入り募集告知セットを説明。ハンサム

ガーデンのポップ・スタンドに設置。

satonoeki.jpg

ここで遅めの昼食。たまごかけご飯の『はんじ』に寄って

500円の定食。

hanji.jpg


 その後、街道をひたすら南下、40分程で西陣のCafe旅館、

エトワメゾン到着。なんと三条の担当者もそろっていたの

で、コラボレーション案を説明。



 このあと3件を消化!複数箇所まわるのなら、やっぱり

自転車便利です。

 置きチラシ、効果でますかね!?



置きチラシとポスティングの効果 -了-
ラベル:チラシ
posted by Hotwire at 16:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。