2010年01月27日

Life at the extreme!!マーケティング

ヨットレースの関連雑誌は本当に少ないのです。日本国内ではヨット

総合媒体として『舵』が月刊ででているのみ。

volvo1.jpg


だけどヨット好きは必ずいて、自分のセーリング体験を語りだすと、

とまらない船乗りが、今日もどこかで誰かと潮っ気たっぷりな話を

酒盃片手に繰り広げているはず。



時に僕もそうした一人なわけですが、どうして乗り続けているのだろ

う。海は何を与えてくれているのだろうと考えていると、マーケティ

ングテーマがいろいろと見えてきました。



僕が思うに、今、世界のヨットレースで、もっとも過酷なものは、ボ

ルボ・オーシャンレースでしょう。



このレースは、スペインを出て、喜望峰、インド、中国、アメリカ、

ブラジルと廻り、ゴールはロシアのサンクトペテルブルグ、世界を

ぐるり一周するヨットレースです。

過去には、7ヶ月にわたる自然との闘いに命を落とす水夫もいました。

それでもレースは継続されています。

volvo2.jpg

南氷洋の嵐のようなコンディション下で技術を競うセーリングは、

本当に限られた水夫だけが体験できることです。でも荒れた海を

渡った経験があるヨット乗りなら、それがどれほど過酷なものか、

想像できます。その追体験に胸が躍るのです。



ここで、僕の心情を整理すると;


a. ヨットを所有したいのだろうか?

b. ヨットに乗ってセーリングがしたいのだろうか?

a. b. はどうも違います。

 一番ぴったりくるのは;


c. ハードな状況を乗り切った達成感に酔いたい。

感動した!打ち震えた!

ではないかと思います。

所有することや、参加することをいくら

呼びかけられても今ひとつ気持ちは動きません。だけど、防波堤に

打ち寄せる波、海辺を吹き抜ける風が、あの海面に繋がってると思

えたら、腹の底からこみ上げてくる、熱い何かを抑えられません。



 この衝動は、強い行動意欲につながっています。

ってなわけで、新しいマリンブーツ買っちゃいました。

先週末のレガッタで試しましたが調子良いです。

こうした Life に僕らは突き動かされるのじゃないでしょうか。


Life at the extreme!! マーケティング -了-


posted by Hotwire at 09:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月25日

ここから先は風と雲に聞いとくれ

2月の極み農家を巡るツアーは、百井集落で、越冬野菜を掘起す

雪祭ツアーです。お申込みを戴き誠に、ありがとうございます!


ですが、肝心の雪が降りません。畑をかろうじて雪が覆っている

トコロもあるといった程度なんです。


雪を掻き分けて、土の下で寒さにじっと耐えているあの野菜を掘

起し、その場でかじってみる、あの感動を是非とも体験戴きたい

と起案した企画。



いつもなら降りやまず、どんどん積もる雪が恨めしくてしかた無

かったりするのですが、天気は思うようになりません。

今月の末からの冷え込みを期待しましょう。



 昨年、参加者から好評戴いたトウモロコシ。今年も、植えるべ

しと種を研究中。

pickedCorn.jpg

  一人、ダンボール箱いっぱい
に取れたトウモロコシ。畑でその
ままかぶりついても
食べられます!






corn_field.jpg

畑の中に入ると、むこうが見

えなくなるくらい、大きく育ち

ました。

今年も植えるぜ!!







種苗会社がつける種のネーミングはなかなか楽しませてもらえ

ます。たとえば現代農業2月号に取り上げられていた、直売所向

き品種『おおもの』と『味来7000』。これは二つとも、トウモロ

コシの品種です。



 『おおものは』なんと500gもあるでかく育つ品種とのこと。

味は?糖度20度以上と期待できます。

 『味来7000』は、300坪に7000本とたくさん植える事ができる

品種だそうです。

 作付計画、着々と進行中です。



ここから先は風と雲に聞いとくれ -了-
posted by Hotwire at 20:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月20日

新規顧客への掛け売り。

 初めてのお客様から、旅宿予約代金を掛け売りして
欲しいとの依頼がありました。B2Bでは良くある依頼で
すよね。


 初めてのお客様を含め、よほどの信頼関係が出来て
いるごく一部の例外を除き、ほとんどの掛け売りをお断
りしています。


 こうしたルールを判ってはいるのだけど、手配を担当
したスタッフは成約したい一心で相談を持ちかけてきま
した。
 スタッフ同士でも、もしも回収出来なかったら、自分
達で負担しても良いから受けさせて欲しいとまで意見が
でてきました。


 少し考え、僕は例外を認めませんでした。その場で
一番大きな理由となったのは、スタッフの中に支払いを
得られる与信を行っていなかったこと。


 昼食時、ゆっくり考えるとこの問題は、見知らぬ誰か
に資産を貸せるのか?と言う商人倫理の問題なんじゃな
いかといったあたりにたどりつきました。


信頼関係を育める見込顧客、僕らの経営資産は本当に限
られています。


 僕たちの経営資産は、僕達の企画やサービスをより活
かせるお得意さんの為に集中するべきだと常日頃から、
考えています。


コンタクト客の多くが都合良くぼくらの限られた資産を
消費されます。6割位のサービス利用者は、必ずしも
僕らからサービスを受けなくても良くて、時にあからさま
な比較もされます。


今回の件で、スタッフに徹底するべきポリシーは、

1.時間、資金、心等の経営リソースは限られていることを知る。

2. 電話をかけてこられる全員が顧客なのではない。

3. 信頼関係を育める顧客にのみ活動を集中してゆくべき。

4. 信頼関係は、相互に育むもの。


この4つではないかと考えました。

実際に顧客グループの棚卸をしてみると、1年の間に、
およそ2割のお客様に繰り返し僕らのサービスを利用
戴いています。


 毎年、このお得意さんが増えてゆく。これを積み上げて
ゆくために、掛け売りを安易にしてはいけないと考えたの
でした。


新規顧客への掛け売り -了-
ラベル:かけうり
posted by Hotwire at 22:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月15日

農業はじめてBookに取材戴きました。

小学館集英社プロダクションから1月22日発売の
「農業はじめてBook」と言うガイドにハンサム・
ガーデンを取り上げて戴けました。
nougyou.jpg

農業はどのように始められるのか、判りやすく
説明してあります。成功しつつある若い就農者
のメッセージのインタビュー記事はとても参考
になるのじゃないかと思います。







今週は、1日少なかったので予定消化するのが、
厳しかったです。

来週は、いよいよ岩倉ファーム、湯里ファーム
の農地造園リサーチです。

それでは、みなさん良い週末を!


農業はじめてBookに取材戴きました。 -了-

ラベル:取材
posted by Hotwire at 23:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月14日

フロント(お試し)商品の企画

印刷は、価格が本当に安くなった産業の一つだと
思います。技術革新で工程が簡略され、ネットに
よる価格比較が料金をかなり安く変えました。


昨今の景況から減りはしたものの、印刷のニーズ
はまだまだあります。

当社に出入りする印刷会社営業担当者も案件獲得
にとても苦労されています。
 僕らの取引ホテルは京阪神だけで100を超えます。
これらのホテルとの関係を取り持つから目玉商品
を企画して欲しいと、この営業担当者に伝えてい
ました。

 多くのホテルが小ロットのチラシをカラ-コピ-
で作っています。今月のランチでありますとか、
簡単な案内400枚程度の出力に、一枚23円程度払っ
て対処しています。


 一方、印刷は御存知の通り大きな紙に印刷原稿を
割付け一度に刷って、裁断機で目標のサイズに切り
分けます。一社分は400枚でも複数社分の印刷原稿
が集まれば処理コストを安く抑えてゆけます。

 ここを結んでゆけば、双方にメリットが生まれま
す。ホテル同士で印刷物が発生する時期が重なる場
合があります。4社集まれば、リーズナブルな値段
で印刷出来るサービスなら利用して戴けそうです。

 この500枚程度をお試しプローモーションとして、
激安対応しておけば、そのホテルへの出入り業者に
なって行ける場合もあります。

 どんなホテルだって、年に数度は数百枚のチラシ
より少し凝った印刷物を作る機会があります。そこ
で儲ける手段を用意しておけば、年数度のお試し印
刷で負担した小額の赤字なんて、すぐ取り返せます。

バックエンド商品を用意できるなら、広告掲載で
顧客集めるより有効なプロモーション手段だと思い
ます。



 来週の火曜日まずはホテル30社程に集まってもらい、
この印刷会社他のツ者にに激安印刷サービスをプレゼン
してもらう予定でいます。どうなるか楽しみです。


フロント(お試し)商品の企画 -了-
ラベル:営業
posted by Hotwire at 21:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月13日

値引への対応策

旅宿リテールの斡旋コミッションは10%が相場です。
ホテルや交通の予約手配を行うと取扱額×10%が
いただける報酬なわけです。


 この御時勢、販売価格が大幅に下落していて、
サービス提供各社供に、このコミッションの削減
にも血道をあげています。


 販売してくれる旅行社や代理店の手数料を圧縮に
かかります。具体的には10%を8%に落としてくれな
いか?と言った相談です。


 料率を下げる交渉をしかける側にとっては2%の減
ですが、手数料さげる側にとっては売上が20%下が
る条件変更です。


B2Bビジネスにおいて、サービス提供者を一緒に
戦う仲間ととらえるな、これは仕方が無いとも言えます。
競合と比べて、自社サービスに差異化特徴が無い場合、
値下げもいたしかた無いと言う場合もあるでしょう。


 ただし一旦下げた手数料率は、それが標準になって
しまうから、将来あげるのは本当に難しいのです。
今、安易に、無条件で、料率(価格)を下げる交渉を
受けるのは、おすすめできません。

 こうした場合、僕は、減下期間を設定するとか、
サービスの内容に含まれている項目を見直して削
ると言った取り決めを交渉に乗せてゆくことにし
ています。

  いずれにしても、無条件で縮小均衡してゆく
ような取引は避けるべきだと考えています。

値引対応カウンター  -了-
ラベル:交渉
posted by Hotwire at 21:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月12日

企画を伝える10秒ルール

 僕は、二度目のチャンスに恵まれた事がありません。
機会は、そ知らぬ顔をして目の前にやってきます。
これまで、「どうしようかな?」と悩んだ時は、間違い
なく逃してきました。


逆にすかさず掴んだチャンスは高い確率でモノにして
います。


 今日は百井集落自治会とハンサム・ガーデン2010の
方針打ち合わせ会議でした。14:00に百井集落の公民館
で会議開始の約束です。


ゆっくりできそうに無いことから、大原で昼食
をとる事になったのですが、生憎里の駅はお休み。
そこで、卵かけごはんの「はんじ」に入りました。


 ここの女将さんは、僕らの良き理解者で、折に触れ、
アドバイスをくれるのです。


 店に入ると、三人の先客が枡酒ともども鳥なべをつつ
いていました。そのそばの席に座ったところ、酔漢の常
で、何気に話がこちらに振られてきます。


 女将さんが、僕らが農園をやっている旨紹介くださる
と、うちの一人が興味をもって聞いてきます。すかさず、
10秒程度の内に、事業の肝を説明すると、やおら目つき
が鋭くなり、名刺を出されました。ここから話がはずんで
あれよあれよと言う間に所有されている農地を活用させ
て戴けそうな話に転がってきます。



 事業を応援して下さる第三者は必ずいるものです。相
手が応援してくれるのが判れば、その後の話はもっと弾
みますよね。だけど、そんな都合の良い出会いはそんな
に多くありません。


 タイミング良く、どこが企画の肝か手短に伝えられた
事と、たまたま、相手が興味を示したサインを見てとり、
スピーディに相手の好奇心に応えられたことから、この
地主様の関心を得ることができました。


 数件の助成金申請で自分の農園企画をくりか
し鍛えていたからこそのプレゼンでした。
 チャンスをものにしたいなら、いつも備えておくべき
だと、つくづく思う出来事です。


より詳しい、取り組みのヒントは次の本から...
『スモールビジネスマネジメント』阪本啓一 訳



企画を伝える10秒ルール -了-
posted by Hotwire at 22:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月09日

どうしていいかわからない時に...

どうも、窪です。本年もよろしくお願いいます。

昨晩友人が主催するセミナーに参加しました。

カラー・コーディネイターと男優が講師をつとめ、
大阪を元気にするには?とのテーマで語って戴く
ものでした。
こおkで、どうしても書いておきたいことがあって、
以下にてまとめてみます。

 受講者顔ぶれは様々。最大派閥は30歳台女性集団、
多分カラーリスト講師の先生らしき方を中心に取巻き
集団を形成。


 次に、一匹狼タイプの自由業群が10名程。続いて、
他集団とまったく関連性のない商店会オーナー群、
最後に女性起業予備群で、合計40人ほどの集まりです。


 数が少ないグループになる程、表情が硬く、どこか
こう構えてバリアがあります。
劇団を主宰されている二人目の講師がいみじくも言う
「大阪の方に元気が無い」人たちそのものようです。


 最後の質問時間になって、とある男性から劇団の先生
にこんな問いかけがありました。
「私は(質問者)、人との関係で所在ないときに、どう
振舞って良いか判りません。判りやすくいうと、
取引先の社葬で、見たことも無い人の焼香に、悲しく
もない中、神妙にしているのが不自然でならぬ。
ここをどうしたものか、演技をする立場から、アドバ
イスを」との事。劇団の先生からは、「あなたらしく
あって良いのです」と煙に巻いたような返事。


 それを聞きながら、なぜか、初めて関西に引っ越し
てきた頃を思い出していました。


 標準語と違って、抑揚のないフラットな大阪弁の会
話のように、内外の区別無く、躊躇踏み込んでくる付
き合い方に、距離がつかめず苦労しました。


 今、本当なら、遠慮なく踏み込める大阪人が窮屈に
生きているのじゃないですかね。
 昔のように許されていないんじゃないですかね。


 たとえば、先ほどの葬式に参列しているケースなら
所在なさげな誰かを見つけて「いや〜どうしたもんか
戸惑いますなぁ〜」ってなおっさん、よけいたように
思います。


 あなたらしくあるにも度胸がいる時代ですよね。
こんな2010年を、楽しく生き抜くコツを考えてゆきたい
と思います。



どうしていいかわからない時に...  -了-
posted by Hotwire at 23:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月22日

ハンサム・ガーデン2009の手仕舞い

ハンサム・ガーデン2009の手仕舞い

 雪の下で寒さに耐える野菜は、糖度が増して甘く美味いと聞く。
本当に凍らずに食べられるのだろうか?藁なんぞをかぶせなけれ
ば、無理なんじゃないか...。


 旧暦なら一月多かったから今年は暖かいだろうと、高をくく
っていたら先週末はガツンと気温が下がりました。なかなか時間が
とれず、野菜を取りに上れなかったので、ハンサム・ガーデン
百井の里ファームにはかなりの野菜が残っているはずです。


 大阪市中での降雪にあせって、前日の夜、車のタイヤを雪タイヤ
に交換。ぐずぐずしている間に無策のまま降雪を迎えてしまった事
を悔やんでも後の祭り。なにせ自宅から大原百井(ももい)の農地ま
で90kmも離れているんです。


 日曜日の朝、夏と違い朝8時にのんびり自宅を出発、大原を抜け
小出石交差点に付いたのは10時を廻っていた。途中の道では道路に
雪が残っている。百井集落の入り口にある温度計はやはり摂氏零度。
momoi_ent0degree.jpg










思古淵神社の横に車を停め畑に下りると、やはり雪に覆われてます。
移植ゴテと袋をもって、畑に降りると、畝と畝の間は凍っています。
snowgarden1.jpgsnowgarden2.jpg










こかぶを抜こうとしていも、表土が凍っていて抜けません。移植
ゴテもなかなか歯が立たず、悪戦苦闘しながら40個ばかりを集めま
した。

kokabu.jpghakusai.jpg










 続いて白菜ですが、土に近いところは、半透明に透けてみえます。
凍っているのでしょうか?だとすると食べるのは無理かな。
 播種が遅かったからか、サイズも小さいままですが、6個ばかり
抜きました。

wash.jpghakusai.jpg










 辛味大根も5つばかり収穫。その土をいつもの水路で洗うのです
が手が切れるように冷たい!あまりの冷たさに休み休み洗い終えて
昼食にしました。

 交流センターに立ち寄りましたが、ごらんのように雪が積もって

center2.jpgcenter.jpg










います。その夜、収穫した白菜、こかぶは持ち帰り鍋にしましたが
美味い!本当に甘みがあります。これはこれから楽しみです。

 雪ががつんと降る1月下旬に、雪の下から収穫するツアーを催行
してみようと思います。

 美味い野菜を掘り出す楽しみを皆さんにも提供したいっすね。




ハンサム・ガーデン2009の手仕舞い - 了 -
posted by Hotwire at 14:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月15日

彼らはプレミアム販売に成果をあげた。


大阪のホテルの宿泊予価を眺めていると、びっくりするような

価格が出てきています。稼動も厳しい数字が並んでいます。

大阪のホテルには、寒さが響く年末となりそうです。



今日、年末の挨拶にとあるホテルの支配人とスタッフが会社を

訪ねてきてくれました。スタッフといっても、彼は現場を取り

まとめ運営チームの教育に悩む立派なマネージャーです。



 快眠連携はこのホテルチームと一緒に始めました。一緒に

売り方の試行錯誤を繰り返し、オーナー社主に快眠フロアー

の予算を稟議して、眠りのフロアーを創り出しました。



その導入が功を奏し、この商環境でも立派にボーナスが支給

されるとの事です。



 快眠客室の販売はどのセールスチャンネルで一番売れて

いると思われますか?宿泊予約の代理店やインターネットで

はありません。フロントスタッフが、チェックイン時に接触

する10秒の間に、クロスセリングを行い成果を上げているの

です。そこを鍛えた彼らだからこそ、快眠プラン以外の企画

でも成果をあげるのだろうと思います。



こうして彼らはプレミアム企画の販売に成果をあげた。 -了-

ラベル:プレミアム 快眠
posted by Hotwire at 21:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月10日

ファンド・レイジング

 助成金の申請書を書いていて、つくづく事業計画をくりかえし

くりかえし、まとめてきてよかったと感じています。

事業のゴールをイメージして、きちんとお金の収支を組み立てる

取り組みを繰り返しやっていると今回のように、申請書がきちんと

用意されている助成の場合、ファンドを組み立てた側の意図が

わかってくるからです。



 明日、相談会があるのは京都地域振興基金です。


▼公益財団法人京都地域創造基金のWEBサイト
http://www.plus-social.com/index.html



丁寧に案内を下さり、説明会と個別相談会まで準備してくだ


さっています。


僕らは、来年も継続する京都大原、百井(ももい)の里ファーム


で、体験農園の傍らで小規模オーガニック営農支援事業を計画


しています。この事業に必要な資金調達をこのファンドを通じ


て、立ち上げてゆこうと考えています。



 社会の問題を市民の力で解決する社会的起業のあり方に、


こうした公的な資金を活用することをファンド・レイジングと


いって、それなりに調達するためのテクニックが必要となって


きています。だめもとで、どんどんチャレンジしてゆく事で、


どんどん事業の目的だとか、プランニング能力が高まると思い


ます。臆せず、どんどん活用してゆきたいものですね。

ラベル:助成金
posted by Hotwire at 00:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月08日

買えないが、借りるなら可能


 一般に一定の金額を超えたり、消耗しない資材を

会社のお金で購入した場合には資産となります。


 この資産が増えてゆくのは一見良いことのように


思えますが、お金に換わらない資産が増えてくると


当然、経営は立ち行かなくなります。


 第三者が、その会社の帳簿を見ても本当に有効な


資産か死んでる資産かを判断するのは難しい。


資産が多くあるから経営状態が良いとは決してゆえ


ません。



 ホテルの備品は、一般にオーナーが購入した資産


と運営会社が購入した資産に分かれます。


土地と建物はオーナーですが、ホテルならではの備


品は運営会社が調達しているケースが大半です。


 経営資源に必要な備品を購入する場合、オーナー


側であれ運営会社側であれ費目の性格からどちらが

出すのかを決めるルールを契約で取り決めています。


 水道が壊れたらオーナー、カーテンが破けたら運営

会社という具合にです。


 ここに、ホテルに新しい物を購入してもらうのが


難しい理由があります。


 事業計画時に投資と回収を長期に組み立てている

オーナー側に新しい資産を持ってもらう事は仕組上、

難しい。


 だけど、新しい特徴をサービスに加えたい、運営側は

なんとか調達してゆきたい。



 ここの欲求を解決する手段として、月々に分割した経費負担

で導入していただける手段にレンタルがあります。


レンタルなら賃借費用として全額経費扱いにできます。


ただし、時勢がら、5年で2割のオーナーが変わり、そのつど

経営事情やルールが見直しになるホテル運営会社へ、

中期にわたるレンタルを提供できる技術やリスクを担保できる

な資本家を見つけられたならの話です。


僕らはココを解決しました。

つづく>>

posted by Hotwire at 23:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月07日

レトロ・フォーカスでゆこう!


 僕らは、京都の大原で体験・観光農園事業を進めています。


その案内パンフレットの風合いに、懐かしい手触り感をもとめて

いたのですが、今回、びっくりする手法で実現してくれる印刷屋さんを

見つけました。


retro3.jpgretro1.jpg











昔の漫画のような印刷で、仕上がりはとてもやさしく


予算もネットで流通しているパンフレットなんかよりはるかに


魅力的です。




retro2.jpg

 









すでにいろんなデザイナーが活用しているようで、これまでの

印刷物例もWEBで紹介されています。それらデザインから、

ここの特徴がつかんでもらえると思います。(ギャラリースペー


ス参照下さい)


▼レトロ印刷JAM社のWEBサイト
http://www.jam-p.com


 昨年、こんな風合いを、取引してる印刷会社に相談したので


すけれど、とても高くついて発注しませんでした。

レトロ印刷JAM社から取り寄せた印刷・用紙サンプルを見て、

またびっくり!


高価な広告にお金使うより、こうした案内をきちんと配布する


方がこうしたコンセプトのものは、目指す顧客との距離を縮める

よなぁと思ったのでした。


 


 印刷も価格比較がすごいマーケットですよね。だけど、こう


した特徴があれば、価格比較されにくい。にもかかわらず、彼


らはとてもリーズナブルな料金でサービスを提供されています。


こうした活動はぜひぜひ応援したい。


彼らのサービスで仕上がってくるハンサム・ガーデン2010の楽


しい案内書が目に浮かびます。

posted by Hotwire at 20:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月01日

リーダーの役割


今年は、オフィスにホテル営業担当者が足しげく通ってきます。

 僕らが具体的な団体(宿泊や会議)手配案件を持っていたから

だけじゃなくて、皆、活動のヒントに飢えていたのじゃないかな

そんな風に思います。


『宿泊はお前の責任だろ!どうするんだ?どう責任を取るんだ?』

と例外なく彼らは組織のトップから詰め寄られている気配があるん

だよね。


 思うに、こうした時だからこそ、リーダーの仕事は戦略立案の

基本に立ち返るべきじゃないですかね。


先の詰め腹を迫られたケースを僕なら;



その1. もう一度、方向性をチームで共有する。

 そもそも、どちらへ向いてゆくのかを考え抜いて、絞り込むのは

リーダーの最重要課題。『僕らはなにをやろうとしているのか』が

明確になっていれば、『どうするんだ?』は『どうしたら出来るかな?』

に変わる。具体的に取組みをほぐしてやるとうまく行く。



明日は、その2. 取組みの質を問う。をまとめてみます。
ラベル:責任
posted by Hotwire at 20:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月28日

ハンサム・ガーデンの屋台おひろめ

僕らの農園プロジェクトもいよいよ秋冬野菜。

2週間ほど前にまいた種から芽が出てきているので、

適当な間隔をあけて間引きしました。



農園をやっていると、会員さんを集めて行うイベントなど、

とかく屋外で気持ちよくお食事だとか、お野菜を並べて見

せる資材が必要になります。


 こうしたディスプレイがかっこよく出来ないかと屋台の

ような資材を探したのですが、意外にない。あっても高い!


そこで自分たちで、作ろうということになりました。

yatai_kansei.jpg

パーツからの組み立ては、本体が30分程度。六角レンチ1本

で簡単にくみ上げられます。

yatai1.jpg

yatai2.jpg


日よけのテントは四隅のポールを2本の細ロープで地面にペグで

固定。テントを張る要領で簡単に雰囲気良くカバーできます。


 イベントで使ったところ、買いたい!とのお問合せもちら

ほら。そこで、販売しちゃおうとのことになりました。



▼価格表
屋台 \85,000
帆布の屋根 \38,000
※農起業家支援割引あります!問い合わせ下さい。

★大阪の倉庫渡価格です。軽トラにのります。
御注文は 06-6947-8071 NPO法人ジオライフ協会 窪まで
ラベル:体験農園
posted by Hotwire at 11:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月06日

NPO法人ジオライフ協会設立の総会〜

里山や海の豊かさを都市に暮らす人々に伝えられないか?

そんなところをベースに僕らは出会いました。

そしてNPO法人を設立しました。

名称を『ジオライフ協会』と言います。取組みは、日常から

切って離せない作物を考えるハンサム・ガーデンから始めま

した。


●明日の農業価値を創造する。
●若手就農者を支援する。
●有機野菜をリーズナブルに届ける。

 この3点がハンサム・ガーデンを運営する仲間で目指す

社会的な事業内容です。



 と言うわけで設立後の総会は、調理実習室を借りて、

作りながら、食べながら語るスタイルを敢行。

kitchen1.jpg



 う〜ん、議題を離せたかどうかは判りませんが、日ごろから

農園を維持してくれる仲間たちと....思いっきり、食べて

とりあえず飲んだのでした。


▼これが開発中のバーベキューセット 2,480円なり!

ぜ〜んぶ有機栽培の京野菜です!!

bbqset1.jpg




 そうそう、大阪日日新聞の取材も入りまして、日曜日の

さわやかNPO! のコーナーで紹介されます。

若いチームの船出です。どうかよろしくお付き合い下さいませ。


handsomestaff.jpg


特定非営利活動法人 ジオライフ協会

代表理事 窪 一
posted by Hotwire at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月20日

ハンサムガーデン説明会?実は僕らの休日

日曜日、天気も良く、ハンサム・ガーデンに皆さん大集合!

30名を超える来園者に百井の里は一気に若返りました。

seminer1.jpg


最初は、なぜ、僕らがハンサム・ガーデンを立ち上げようと

しているのか、そして農園利用のルール、年間を通して栽培

指導を受けると、皆さんが出来るようになることには、少し

緊張の面持ちで聞いておられました。

 一気に空気が和らいだのが、食育体験の内容説明。

高木りゅうじさんの説明に、ちょっとお腹が空いてきます。


 いよいよ農園にでて、営農者の渡辺君とサポートスタッフ

の大原坊の面々が農具や一年間の作付計画を発表。どの位の

野菜が出来るか、皆さん興味深々だったようです。

seminer3.jpg
seminer2.jpg

 トラクターが入る前の畑には、一面よもぎが生えていて、

お土産用に袋を渡して、蓬摘みを体験戴きました。これが

意外に好評?「新芽なので、袋いっぱいにとってもお茶碗

一杯程度になるかな」と言う説明を聞くと、誰も脇目も振らず、

皆さん、一生懸命によもぎを袋に詰めてゆくのでした。


 ちょうど頃合になって、料飲班による食事の準備が整い

ました。今日はおにぎり竹の葉包みに、大原地鶏のバーベキュー

と大原野菜を使った豚汁。そして、菜の花のおひたしです。


lunch.jpg


『お代わりあるよ!』の声に、皆さん、すぐ集まってきて、

どんどん食べます。

okawari.jpg

 食事が終わったら、小川を渡った広場で、皆さん思い思いに

時間を過ごしておられました。


filed.jpg

 このイベントは大成功でした!畑や広場、小川で楽しげに

笑う皆さんの顔から、僕らはエネルギーをもらいました。

本当に御来園ありがとうございました!


営農・栽培指導をサポートする大原坊共々、お礼申し上げます。

oharabo.jpg



5月2日はいよいよ開園式。初めての方には体験説明会も行い

ます。ぜひ参加下さいね。

詳しくは; http://www.handsomegarden.com

ラベル:体験農園 京野菜
posted by Hotwire at 20:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月19日

まどろみの滴と言うホテルの客室

久しぶりのホテルネタです。

やっぱり、ホテルのリテール・プロモーション
は面白いですね。

特に自分が得意な分野ならなおさらです。

今回は、利用者に眠り資材で有効だと選好理由が明確に
なったものトップ5を投入したしつらえを提案。
新大阪駅前のパートナーホテルに快眠フロアーを導入
戴きました。





slumberdew.jpg



 ベッドはポケットコイル。それも腰と背中部分でスプリング
のしなりを変化させたもの。そしてここにセラミック炭を
仕込みました!

 空調はもちろん個別空調。

 そして客室に導入したのがひのきのチップ。枕の上に配置
したクッション様のものですが、これが部屋の香りをまったく
別のものに変えてくれます。

 一番気に入っているのが、この吉岡ユリ氏デザインのカバリング。
あたる光線の具合によって、柄が変わります。
 水の揺らぎのように見えるものです。

 通常の御部屋に比べて500円〜1,000円単価がアップします。

 一部屋月々3千円〜で導入戴けます。
posted by Hotwire at 07:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月12日

ハンサムガーデン入園利用者・募集!!

ハンサム・ガーデン農園利用説明会(現地)

 この春ハンサムガーデン大原百井の里ファームは、京都の水源でもある大原百井に体験農園を開園します。農薬や化学肥料を使わない自然の力を使った農業指導を通して、自然が持つ生命の力を体験下さい。

▼詳しくはココをクリック以下アドレスまで!
http://www.handsomegarden.com/momoi.html

 有機栽培の専門家が農作業の基本、そして野菜と水稲の耕作・栽培過程を入園者の皆さんに指導します。

 全10回の指導日には、大原野菜を使った料理体験や参加型の体験学習イベントを企画しています。この機会にぜひ、里山の豊かさを満喫下さい。


●募集概要

・受付 59家族 (お一人でも参加戴けますし、5人までのグループ利用も可能です。)
・入園料 68,000円(年額)
 a. 栽培指導料、種苗料、およそ30u前後の収穫物代金が含まれています。
  b. 現地での大原野菜弁当、体験学習を利用される場合、別途利用料が必要です。
・自前の農具(鍬、鋤、移植こて、鎌等)は各自負担戴きます。(説明会にてアドバイスします。)

・4月18日(土)19日(日) 10:00〜12:00 農園説明会(無料)と大原野菜を使った食味体験イベント(一家族500円)に是非参加下さい。

お問合せは

 06-6947-8070



 ホットワイヤー予約センターまで




●農園へのアクセス

▼京都市内から
国道367号線で大原を経由して、小出石交差点を左折、国道477号線を通って百井の里へ。
▼京都市外から
湖西道路【真野IC】を降りて国道477号を左折、途中口交差点を大原方面へ、国道367号線で小出石交差点を右折、国道477号線を通って百井の里へ。

◎バスの場合
京都バス32系統広河原行に乗車、百井別れバス停下車、国道477号線を百井峠方面へ徒歩50分。

★京都バスの時刻 詳しくは075-871-7521迄
(京阪出町柳駅前 7:50 → 百井別れ 8:47、百井別れ 17:54(最終)→出町柳 18:53)
http://www.kyotobus.jp/rosen/32/index.html

●注意事項
* 作付計画は、天候などの事情から内容を変更する場合があります。
* 収穫時期や量は計画で、自然状況によって変わります。
* 送迎は行っていません。全てのイベントは現地集合・現地解散です。
* 百井の里では携帯電話が通じません。


▼農園利用説明会と体験イベント
日時 4月18日(土)、19日(日)
   10:00〜12:00 農園説明会(無料)
   12:30〜13:30 大原野菜を使った食味体験イベント
●予約制、おにぎり竹の葉包み (大人1,500円、中学生以下1,000円)
   ●予約制、食味体験(一家族500円)
        ・大原地鶏の味見
        ・大原の豚汁
※百井はまだ肌寒いです。暖かい格好をしてきて下さい。


▼栽培指導とイベントスケジュール

5月2日(土) 10:00〜12:00 開園式/農園利用の基本講習会
       12:00〜13:30 大原百井の里お弁当(予約制)
              ▼内容 (大人1,500円、中学生以下1,000円)
              竹の子ごはんと旬の三菜・竹の子のお吸い物

 5月3日(日) 10:00〜12:00 農園利用の基本講習会(予備日)
       12:00〜13:30 大原百井の里お弁当(予約制)
              ▼内容 (大人1,500円、中学生以下1,000円)
              竹の子ごはんと旬の三菜・竹の子のお吸い物

5月17日(日) 10:00〜12:00 春のお野菜、栽培指導講習会
       12:00〜13:30 ★大原百井の里お弁当(予約制)
              ▼内容 (大人1,500円、中学生以下1,000円)
              豆ごはんと旬の三菜・青豆麩の白味噌汁

  ★食育イベント(一家族500円)
  山菜を知ろう!


 6月7日(日) 10:00〜12:00 田植え体験、かるがも放鳥日
       12:00〜13:30 大原百井の里お弁当(予約制)
              ▼内容
●予約制、おにぎり竹の葉包み 1,500円
        ・大原の豚汁

 7月12日(日) 10:00〜12:00 里山体験イベント、水源を訪ねよう
       12:00〜13:30 大原百井の里お弁当(予約制)
              ▼内容 (大人1,500円、中学生以下1,000円)
              ちらし寿司と旬の三菜・香りのお吸い物
  
      ★食育イベント(一家族500円)
  赤じそジュースを作ろう!

 7月19日(日) 10:00〜12:00 夏のお野菜栽培指導と収穫日
       12:00〜13:30 大原百井の里お弁当(予約制)
              ▼内容 (大人1,500円、中学生以下1,000円)
              麦ごはんと旬の三菜・冷や汁

      ★食育イベント(一家族500円)
  野菜のドレッシングを作ろう!

 8月1日(土)〜2日
       10:00集合 一泊二日、夏のお野菜収穫と里山体験イベント
       ★山の家宿泊は20名、予約制です。他、キャンプ場も御利用戴けます。
★竹を組んで流しそうめん体験


8月30日(日) 10:00〜12:00 収穫作業と秋のお野菜、栽培指導講習会
       12:00〜13:30 大原百井の里お弁当(予約制)
              ▼内容 (大人1,500円、中学生以下1,000円)
              トウモロコシごはんと旬の三菜・トマトのスープ

      ★食育イベント(一家族500円)
  夏野菜の味見会


9月13日(日) 10:00〜12:00 秋のお野菜、栽培指導講習会
       12:00〜13:30 大原百井の里お弁当(予約制)
              ▼内容 (大人1,500円、中学生以下1,000円)
              たまごかけごはんと旬の三菜・大原の味噌汁

      ★食育イベント(一家族500円)
  採れたて枝豆を食べよう!


9月20日(日) 10:00〜12:00 収穫作業と秋のお野菜、栽培指導講習会
       12:00〜13:30 大原百井の里お弁当(予約制)
              ▼内容 (大人1,500円、中学生以下1,000円)
              栗ごはんと旬の三菜・きのこ汁

      ★食育イベント(一家族500円)
  焼き芋!

10月25日(日) 10:00〜12:00 収穫祭イベント
              ▼内容 (大人1,500円、中学生以下1,000円)
              大根葉ごはんと旬の三菜・豚汁

      ★食育イベント(一家族500円)
  お餅つき!(おろし餅って知ってる?)


宿泊は山の家とキャンプ場エリアが御利用戴けます(要予約)。
○山の家 20名 (整備負担金大人1,500円、中学生以下800円)
○キャンプ場 40名 (整備負担金一人200円)


大原百井の里お弁当の内容と食育体験の内容は、野菜の収穫や当日の天候等によって、予告なく変わる場合があります。



posted by Hotwire at 15:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月24日

ホットワイヤー・みんなの畑'09農地会議

ホットワイヤーの農業体験事業『みんなの畑』2009年
営農計画では2反(2,000u)の農地確保を計画しています。
皆さんに使って戴く農地として何が必要になるかを
チームで検討しています。

 候補の一つは、大阪市内から40分ほどでで、
まったく空気が変わる里山にあります。この里山は水と
竹がとても有名なのですが、

茶筅 

今回は地元コーディネイターの案内で、茶せん(お抹茶を
泡立てるやつですね)工房を訪ねるところから
スタートしました。

 本来、一子相伝のワザだった茶筅作りですが、特別に
そのステップを見せて戴きました。竹を綺麗に割いて、
外側に糸をからげている職人の指先は本当に優雅でした。


 さて畑のほうは...12月でも冬野菜がすくすくと育ち、
収穫はまもなくですね!
みんなの畑


 開発する候補地は、道路に面していて農地へのアク
セスがスムーズです。懸案だった駐車場の確保が可能。
ユーティリティスペースには、農具庫に加えて、団欒
スペースを計画中。できれば農園を眺めて一服できる
場所を検討しています。
候補地

 候補地を見てからチームでレストラン「ラッキーガー
デン」さんへ移動。

ラッキーテラス

初めてのスリランカレストランを訪れたチームメンバーは、
一発で、気持ちの良い小屋内でのランチが気に入った様子です。
今回の候補地にカフェを併設すべきではないか!?との
アイデアが一気に加速、ミーティングも多いに盛り上がりました。
ラッキーランチ

営農チーム

 『新しい農地は有機農法でやりたい』...これは、
絶対実現したいことなのですが、実際解決しなければ
ならない問題も山積みです。
posted by Hotwire at 22:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。