2010年04月20日

上手く行ってる農業ビジネス仕組を学ぶ連携

 楽しみながら広げている農園運営ですが、そもそも僕らの

なりわいは旅行業です。異業種からの農業参入と言うはやり

プロジェクトと言えます。



 周りを見渡せば、いろんな方が農への関わりを求めて活動

されています。また、結構な予算を初年度から組み込んでお

られる組織も良く見受けます。



 こんな時だから、皆で学ぶべきなんじゃないかなと思って

いたところ。かつて大阪市の関連団体で事業育成に関わって

おられた方から、独立したのヨと連絡ありました。

早速、このアイデアを投げかけたところ、面白いねやろうよ

とランチMTGはおおいに盛り上がりました。

 異業種から見る農業ビジネス勉強会を立ち上げてゆきたい

と思います。成果でている事例と自分達の現場を鍛える連携

が狙うところです。



 御興味ある方はホットワイヤーの窪まで!熱い会議にして

ゆきます。是非参加下さいませ。といっても、参加戴けるよ

うに、方針と会則なんぞを早急にまとめる必要ありますね。



上手く行ってる仕組みを学ぶ連携 -了-
ラベル:農業
posted by Hotwire at 22:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月19日

こんな小さな農具庫は風で飛ぶんじゃね〜か?

 百井の里ファームの小プロジェクトの一つが農具庫だ。

置きたい農具やもろもろの備品を収納する農具庫をなんと

してでも建てたかった。



 農地にはいろいろな制限があって、基礎を必要とする

建築物は建てられない。また、3坪を超えると建築基準法

の適用も受ける。建坪9.9平米以下の小屋をおっ建てるの

だが、限られた予算では2×4工法でというわけにもいか

ず。足場用に良く使われる単管パイプでくみ上げようと言

うことになり、現地に部材を運び込んだ。

pipe1.jpgpipe2.jpg











 誰も足場を組んだ経験なんぞはないものの、インパクト

レンチがあれば、意外に短時間で骨組みを組み上げる事が

できた。



 もともと水田だった農地は、20cmも掘り進むと小さな石

が敷き詰めてあって、40cmは杭を打ち込む予定だったのだ

がこれが入ってゆかない。最上部が20cmも高くなってしま

った。
pipe3.jpgpip4.jpg











 これを見た、地元の爺様連は、『風でぶっとぶぞ!』

と素人仕事に不安気。もっと杭を周囲に打ち込み、強い風

にたえられる構造が必要なようです。




 ただ、みんな本当に楽しそうに作業して、僕らの農具庫

が出来てきています。



 ここまでの部材費 74,511円!!ちょっと使い過ぎ。


小さな農具庫は風で飛ぶんじゃね〜か? -了-
posted by Hotwire at 20:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月14日

改正農地法による、農地の賃貸借契約

ぷちれんたを使って、北山から40分のドライブ。百井の里で

は小雪が舞っていました。う〜ん、雪国みたい。



 畑菜に咲いた菜の花を昼飯のコンビニ袋いっぱいに収穫。

今晩はこいつでおひたしとてんぷらですね。



地主様と農地をお借りする契約も無事完了。いよいよ企業とし

て営農に取組んでゆけます。



農地を一般企業でも借りて、営農することが出来るようになっ

たのですが、現場の事務所ではなかなか運用が伴ってきません。

今回、僕らの取組について、農業委員会事務所はとても好意的で、

NPO法人が農地法三条利用を使って知事の許可を取り付ける

利用形態にいろいろとアドバイスを戴けました。



 こうした情報を含めて、農業を考える勉強会を立ち上げたい

と考えています。今、僕らが一番必要としているのは、そうし

た学びを熱い仲間と共有する場じゃないかと思います。



改正農地法による、農地の賃貸借契約 -了-
posted by Hotwire at 18:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月30日

ほっとけない良心

芦屋の海技大学校でセミナーだったのですが、

大食堂で昼食を戴いた後、学生寮の片隅にて

無造作に積まれていた英語の小冊子を見つけ

ました。


mca_book.jpg










Leading for Safety
A practical guide for leaders in the Maritime Industry

<稚訳>

安全の手引き
−海運産業リーダー達への実践ガイド


読み込んで感動!

 編集はイギリス海事沿岸警備庁。日本の海上保安庁

にあたる組織だと思われます。


mca_book2.jpg








 海運にかかわる世界の学生達に、リーダーになるための

マネージメント・コンセプトを10項目に整理したものです。

内容はシンプルなんだけど、本当にうなっちゃうほど良く

練られています。商船のリーダー育成では、危機管理が

日常のマネージメント。そこから紡がれたメッセージで

まとめられたこの本は、一般ビジネスを企画する僕らに

とって、宝のような言葉で溢れています。


海運国イギリスの良心に触れた想いがしました。

僕が気に入った噴出しコメントは

“You need trust, which has to be there
before the accident - it needs to be there
in the first place Tanker crew"

何か起こる前に、真っ先に信頼を築いておくべき。 -タンカー船員


リーダーに必要な十ヶ条。皆に読んで欲しいです。

※PDFで読んでいただけます。リンクはコチラ

ほっとけない良心 -了-

2010年03月19日

新しい農業ビジネスについてプレゼン

 洛南ロータリークラブにお呼び戴き、限界集落で成果をあげつつ

ある有機農業ビジネスについて、プレゼンテーションさせて戴く機

会を戴きました。



 里山の農地を再活用してゆくために、必要だと思う施策は

不在地主と農家の農地転用を認めない事と、農業がやりたい新しい

参加者に農地利用を認めて行くことじゃないかと思います。



 農地を相続しても、生業として収入があげられない場合、耕作が

放棄されてしまいます。ここを運営できる目論見をもった参加者に

利用させる取組が本当に限られています。



 収益をあげる農業の取組はどんなものか...。そんな僕らのチャレ

ンジにとても興味をもって戴けました。


 志をもてば、支援して下さる方が必ずでてくるのですよ。

ロータリークラブの皆様、有難うございます!


新しい農業ビジネスについてプレゼン -了-
ラベル:卓話
posted by Hotwire at 20:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月11日

おせっかい?だけど新しい顧客接点の獲得

 お金をかけて広告してみるとわかるのだが、どの媒体でどのよう

に狙えば効果がでるかという情報を蓄積していないと、やみくもに

なりがち。


 どのような効果がどの程度の費用で生まれるものか見当つかない

場合、広告は出すべきじゃないと思う。ノウハウに乏しく、経験が

浅いプロジェクトほどここで苦しみます。


 広告を取り扱い会社は、そこの苦しみと不安の解決サービスをお

金に変えてきたのですが、成果が出せていない代理店は必要なくな

ります。


 広告する目的は、見込み顧客に出会うことですよね。場合によっ

ては、単純にお金をかけることよりも、顧客接点を拾い出せる方法

もあると思います。


 最近 youtube.com で、勝手広告がはやっています。勝手に広告を

作る遊びなのですが、なかなか秀逸なコンテンツもあります。


 でも、制作の腕を見込み顧客に気づいてもらう、新しい顧客接点

にもなりえてると思います。起業家にとって、アイデアを鍛える場

所になりそうです。


これはyoutube.com以外でも展開できそうですよね。



おせっかい?だけど新しい顧客接点の獲得。  -了-
ラベル:勝手広告

2010年03月10日

スリー・シスター栽培

仲間のデビットが大原を気に入って定着してから1年。朝市にも

出始め、今年から1,000平米を超える農場も確保している。


パーマ・カルチャーを志向する彼から、"Three sisters(三姉妹)"

なるユニークなとうもろこし栽培方法を教えてもらいまいsた。


とうもろこし、そらまめ、かぼちゃを一緒に育てると上手くゆく

というもの。とうもろこしは、比較的多くの窒素を必要とします。

葉っぱが5枚〜8枚に分かれて行く時期と、雄穂が出てきた時期

に追加で肥料を入れないと生育に影響が出ます。


 窒素を補給する安全な肥料として、発酵鶏糞、油粕などを使う

わけなのですが、この窒素を空中から引っ張り出して地中に溜め

込んでくれる植物が"豆"なのです。


 かぼちゃのつるは、地面を這って葉を広げるため、他の雑草を

抑制してくれる効果があります。


 ここだけ聞くと、すごい栽培方法!と思えるのですが、実際に

いくつか問題がでてくる。まず、地を這うかぼちゃに発生しやす

いウドンコ病はどう対処するのか。


またそら豆の連作障害はとても強く、一旦栽培すると3年は同じ

土地で育ちにくいから、数年あける必要がでてきます。この対策

はどうすのか。



 狭い土地で効果をあげる為には、高いハードルになりそうです。

スリー・シスター栽培 -了-
posted by Hotwire at 11:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 有機農業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月24日

一番、学びを求めている受講見込グループ

KIホットワイヤー・プロジェクトと言う取組では、セミナー

講師のプロデュースを行っています。

昨日、とあるセミナー会社マネージャーとの事業会議で、参考

になるアドバイスを戴きました。



その組織では、セミナーをフロント商品として扱い、その受講

後に現場の活性化サポートを事業を展開されておられます。



さて、一通りサービスの展開構想を説明した後の質問は;


『社会人はどう勉強するのでしょうか?』
『社会人の学びって何ですかね?』



でした。



 これって、一番僕らが不安に感じている要素で、先行してお

られる組織や受講ターゲット層を絞り込んでゆくとまさに、こ

こに従う方針に自信がもてなくなります。

 僕らの周囲を見渡しても、そこそこピンチなはずの商売人ほ

ど学びへの情動が低くい。上手くゆきそうなヒントを見つけた

奴ほど必死に本読み込んでますよね。



モチベーションが最も高いターゲット受講層は;



●瀕死のリーダー
●チャンスに巡り合ったビジネスパースン



 と言う対極のポジションじゃいないですかね。

どちらも待ったなしの状況なので、講座を企画しても、受講

して戴く余裕があるかどうかは疑問。



 また受講でいろんな学びを得ても行動を起す人は、これまた

少ないもんなんです。

 リーダーに成り代わり、部下の営業行動をフォローします!

的なサービスが成果に結びつくんじゃないですかね。



一番、学びを求めている受講見込グループ -了-

ラベル:セミナー

2010年02月22日

顧客の為にやるべき絞込み。

 時間は誰にも平等で、季節も等しくめぐってきます。

自分達のサービスを必要としてくれる顧客の為に、汗をかくべきです。

僕らスモールビジネスの経営リソースは本当に限られていて、よほど

集中していないと、自分達がやりたい事とはまったく関係の無い取組

に無駄に消費されている場合が少なからずあります。



 自分達のサービス特徴を活用して戴けるかそうでないかで、積極的

に顧客を選ぶべきです。提供するサービスを必要としてもらえるか否

かでゲストを絞り込んでみて、誰も残らないなら、そのサービスは、

この世に必要無いということですから、今忙しくても、いずれ必要と

されなくなります。



 自分達の仕事を本気で鍛えて、見込み顧客の体験価値創造に全力で

あたるなら。自信もって、顧客を絞るべき。ただ、やみくもに飛んで

くるボールを選ぶのではありません。自分達のサービスを利用戴き、

喜んでもらえるイメージがもてない顧客を切るべきだと思うのです。



 必要とされる誰かのために自分の腕を磨いてゆく。すると、お客様

を簡単に増やす訳にゆかなくなるものです。



顧客の為にやるべき絞込み。 -了-

2010年02月20日

サービス提携で、お宝発見!

 ホットワイヤーが単独で提供してきた会議研修会場、そして講師

の手配といったサービスは競合がたくさんいます。



 内容が同じならば、価格や提供条件の良いモノが選ばれるのは当

然ですよね。はやりのネット・マーケティングやコミュニティに売

り込むテクニックも良いのですが、最大共通項を探るような訴求ス

タイルに限界を感じます。



 今、我々の講師さんをホテルと連携して提案するサービスモデル

を模索しています。A×B=xABを狙ってはじめたのですが、最近ある

事に気がつきました。



 それは提案をする度に、見込み顧客からの視点がAだけ、もしく

はBだけとは違った切り口でヒントをくれることです。単独のアプ

ローチでは、聞けなかった事がとても多くあるのです。



戦う土俵を少しずらすだけで、これまでの商材コンセプトが、

ぜんぜん違う顔つきになって、新しい魅力を放ってくれそうです。



 b2bサービスであっても、要は個人のつながりです。見込み顧

客は琴線に触れる未来の価値に飢えています。顧客のニーズを共通

項におしこんだ対応の設計から、僕らの個性は伝えられないと思い

ます。



 価格政策にでる前に、柔軟な対応に取組んでみるだけでも、意外

な発見がいっぱいでてきます。



サービス提携からお宝発見! -了-


広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。