2010年02月04日

ランチ体験で、購買情動を引き出してみる。

最近、昼飯でよく通っているのが、近所のPescardさん。

Pescardは数人でやってる農業企画のようで、能勢で有機栽培

をやりながら、横堀のお店で自分達で作った野菜を使った料理

を出しているんですよ。


 ランチのサラダは好きなだけ取り分けるタイプ。工夫しなが

らお客さんを掴んでいるのが勉強になります。


 先日、取引ホテルの支配人を案内したら、野菜の甘さにびっ

くり!僕らの野菜を買ってくれそうな方向に動いてゆきました。

やっぱり感動体験は強い購買情動を引き出します。


 ランチどき、ハンサム・ガーデンの案内チラシを置かせても

らいに立ち寄りながら、能勢の畑について情報交換。

 なんとハウスも建てちゃったと言うのは凄いな。今年は、春

野菜の苗もハウスで育ててみるとの事。


(特非)ジオライフ協会は、こうした半農仲間を応援してゆく企

画を積み上げてゆきます。


ランチ体験で、購買情動を引き出してみる。 -了-

posted by Hotwire at 19:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 有機農業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月03日

Twitterの活用

  • デスク前でツイッターなんぞを使い出すと、本当に時間が

    横取りされてしまう。集中したい時は会社にいちゃだめですね。



    ただ、ネットワークは広がります。例えば、かつて受講して

    いたセミナーの仲間、同じ事業テーマを追いかけているビジ

    ネスパースン。北海道から九州にまで広がる何人かとは、

    まるで机が隣の同僚のように、ほぼ毎日、メッセージを交わ

    しています。



    ツイッターで知り合った東京のイタリアンレストラン経営者から

    仕入れるお野菜について教えてもらっています。さすがに、

    商圏が離れているので、お互いにバッティングしないせいか、

    僕らの作付けと販売計画に組み込んでも、迷惑をかけません。

    だから、こちらも本音で話してゆきます。すると先様も割り

    とオープンに教えてくれたりします。



     積極的に自分のことを公開していると、早く信頼を培って

    ゆける。それを体験した人達はどんどん実名でアカウントを

    登録して、自分のblogも公開しています。



     今、僕にとってあまり価値がなくても、誰かにとって、お

    役に立つコトって結構あります。このツィッター、わらしべ

    長者物語を加速するそんな御役立ちツールとして活用させ

    て戴いております。


    Twitterの活用 -了-

ラベル:つぶやき
posted by Hotwire at 18:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月02日

リテール情動と報酬

今期、大阪産業創造館と連携して『抗疲労・癒し』ビジネスの
快眠部門のコーディネイトを担当させて戴きました。


思うに『抗疲労・癒し』を、個人レベルで実践するには、提供
されるサービスを消費するだけになっています。具体的には、
疲れが取れるベッドを買おうとか、アロマを焚いてリラックス
しましょうとか。そうした商材の提案しか集まりませんでした。


 事実、こうした抗疲労・癒しサービス広告訴求のトレンド・
コンセプトで、一番多いものは、まだ体験していない私と
すでにベネフィットを得ている誰かさんの生活品質差を刺激する
ものが多いように思います。


 今度はあなたの番です!でありますとか、まだ体験されてい
ない?などといった誘導モノです。


 でも、僕ら街で暮らす人々はそのような『消費』が暮らしを
豊かにする訳じゃなさそうだと思い出していませんか。だから
広告につられて、そうした商材を買わない。


 期間通して、疑問に思ったのは、疲れるって悪いことばかり
じゃないのじゃないかと言うことです。例えば、多くの若者の
恋愛初期ステージでは、信じられないような行動力を発揮しま
すよね。気が乗らない作業を同じ運動エネルギー分行えば、め
ちゃくちゃ疲れてもおかしくないけど、報酬に向けて疲れを知
らず活動します。


 居酒屋甲子園って御存知ですか?コンテスト発表の場は、そ
こらの芝居顔負けのパフォーマンスです。普段は、街角の居酒
屋で働くお運びさんだけど、晴れの舞台のためにすっごくがん
ばっちゃう。


 こうしたライフを体験した僕らは、達成感と言う報酬を知っ
てしまいます。
 そしてこうした記憶を通して認知する体験に報酬の予感を感
じて行動しているのだと思います。


 この連想を得ることが出来る文脈がリテール企画に必要なん
だと思います。


リテール文脈と報酬の認知 -了-
posted by Hotwire at 22:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月01日

百井は大雪!

 大阪市内は昨日につづいて雨模様。

irresistible.jpg


これで百井の雪も解けてしまったかなと、地元に電話。すると


「大雪やでぇ〜、昼から10cmは積もったわ」


とどこか嬉しそうな、宮田のおやっさんの声。


「根雪が無いからとけるかもしれんがなぁ〜」

今週末もがつんと冷えるらしいので、雪の下から野菜を

掘るツアー、がぜん楽しみになってきました。



 今日もハンサム・ガーデン栽培指導コースに問合せ!

こうしたお客様からのコンタクトに一喜一憂。



 一般募集に加えて、ホテルやCafeの皆さんと一緒に

耕作するパッケージも企画中です。収穫した野菜を一番

楽しむ方法を考えるとアイデアどんどん湧いてきます。

whoru.jpg


天気に期待!



百井は大雪  -了-
ラベル:体験農園
posted by Hotwire at 20:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月31日

置きチラシとポスティングの効果

 ハンサム・ガーデンの募集告知セットを知り合いのお店

へ届けて廻りました。どうしても午前中、他の業務がつま

っていて、大阪の事務所を出たのが12:00頃。日没までに

目標は5件!それもかなり広範囲です。天気もいいし、自

転車で廻ることにしました!

rinko1.jpg

京阪天満橋駅から叡山電鉄『市原』駅まで愛車ブロントン

コンパクトにたたんで輪行。

ichihara.jpg
<叡山電鉄市原の駅!!>

今回、A6サイズのフライヤーを2万部ポスティング。

これは地元の配布業者に依頼。


 この他、置きチラシを1,000部ほど、京都市内のCafeや

お料理屋さんに設置予定です。



 ポストに投函されるフライヤーに比べて、興味をもって

持ち帰ってもらえる置きチラシと、訴求力がぜんぜん違う

と思いませんか?



 市原についた頃にはすでに14:00、早速、静原を抜けて

大原へ!最初のデリバリー先は大原、里の駅。事務所で

タミさんに挨拶。『募集はいつからですか?』と気にかけ

て戴き、オクラ種入り募集告知セットを説明。ハンサム

ガーデンのポップ・スタンドに設置。

satonoeki.jpg

ここで遅めの昼食。たまごかけご飯の『はんじ』に寄って

500円の定食。

hanji.jpg


 その後、街道をひたすら南下、40分程で西陣のCafe旅館、

エトワメゾン到着。なんと三条の担当者もそろっていたの

で、コラボレーション案を説明。



 このあと3件を消化!複数箇所まわるのなら、やっぱり

自転車便利です。

 置きチラシ、効果でますかね!?



置きチラシとポスティングの効果 -了-
ラベル:チラシ
posted by Hotwire at 16:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月29日

こんなに美味いとは、知りませんでした!

 明日から配布を開始するハンサム・ガーデンの募集資料の

コピーでした。

konnani.jpg


近所の包装資材屋さんをのぞいてみると、クラフト紙を使った

味のある封筒を見つけました。ここに、今回の入園者募集案内

とオクラの種を同封することにしました。

okura_futo.jpg

もちろん、自宅の植木鉢でこの種を育てる栽培指導書付き。

種は、百井の里ファーム夏野菜ゾーンで立ち枯れている去年の

おくらの実をしこたま採って、そこから採種したもの。

F1種といって、種苗会社から買う種は、1代限りを保証して

いるもの。今回の種は二代目なんですが、どれくらい芽を吹い

てくれますかね!



 種を入れる小さな封筒もあわせて購入。ここに5粒程度を

入れて同封するつもりです。



 どれくらいの効果があるでしょうかね!楽しみです。



皆さんも一緒に耕作してみませんか?農園スタッフも募集中。

今年は、あっちこちから買いたいと言われてもいます。

作って食べきれない収穫物は売る!そんな半農ライフを一緒

に楽しみましょう。詳しくはお問合せ下さいませ

tel. 06-6947-8071 NPO法人ジオライフ協会 窪まで!



こんなに美味いとは、知りませんでした! -了-
ラベル:体験農園

2010年01月27日

Life at the extreme!!マーケティング

ヨットレースの関連雑誌は本当に少ないのです。日本国内ではヨット

総合媒体として『舵』が月刊ででているのみ。

volvo1.jpg


だけどヨット好きは必ずいて、自分のセーリング体験を語りだすと、

とまらない船乗りが、今日もどこかで誰かと潮っ気たっぷりな話を

酒盃片手に繰り広げているはず。



時に僕もそうした一人なわけですが、どうして乗り続けているのだろ

う。海は何を与えてくれているのだろうと考えていると、マーケティ

ングテーマがいろいろと見えてきました。



僕が思うに、今、世界のヨットレースで、もっとも過酷なものは、ボ

ルボ・オーシャンレースでしょう。



このレースは、スペインを出て、喜望峰、インド、中国、アメリカ、

ブラジルと廻り、ゴールはロシアのサンクトペテルブルグ、世界を

ぐるり一周するヨットレースです。

過去には、7ヶ月にわたる自然との闘いに命を落とす水夫もいました。

それでもレースは継続されています。

volvo2.jpg

南氷洋の嵐のようなコンディション下で技術を競うセーリングは、

本当に限られた水夫だけが体験できることです。でも荒れた海を

渡った経験があるヨット乗りなら、それがどれほど過酷なものか、

想像できます。その追体験に胸が躍るのです。



ここで、僕の心情を整理すると;


a. ヨットを所有したいのだろうか?

b. ヨットに乗ってセーリングがしたいのだろうか?

a. b. はどうも違います。

 一番ぴったりくるのは;


c. ハードな状況を乗り切った達成感に酔いたい。

感動した!打ち震えた!

ではないかと思います。

所有することや、参加することをいくら

呼びかけられても今ひとつ気持ちは動きません。だけど、防波堤に

打ち寄せる波、海辺を吹き抜ける風が、あの海面に繋がってると思

えたら、腹の底からこみ上げてくる、熱い何かを抑えられません。



 この衝動は、強い行動意欲につながっています。

ってなわけで、新しいマリンブーツ買っちゃいました。

先週末のレガッタで試しましたが調子良いです。

こうした Life に僕らは突き動かされるのじゃないでしょうか。


Life at the extreme!! マーケティング -了-
posted by Hotwire at 09:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月26日

"とりこになる"コンセプト:週末就農モデル

通い百姓なる就農スタイルを聞いたのは3年前。京都の久多町で

蕎麦屋と農業を営むそば打ち奥出さんのとっかかり物語からだ。



長いロンドン暮らしから帰ってきた彼は子供をじっくりと育てた

い想いから里山の魅力に魅かれ、その地に通った。

2年前の僕にとって、彼のなりわいは格好のマーケティング研究

テーマだった。

kuta_kayabuki.jpg


 当時の彼は、全身で感じている土地の魅力をどう都市へ伝えて

ゆけば良いものか言葉を探っているように感じた。とにかく、顧客へ

の接触点が少ないと感じたように思う。

   ただ、これまでの取組と違い、僕は自分のマーケティング力を

他人の取組に提供するだけではあきたらず、実践無しに想いを伝

える事が出来ないなと思うようになりました。



この出会いとリサーチを重ねた後、自然と"ハンサム・ガーデン"

への着想へと繋がってゆきました。


半農ライフスタイルに何か金銭では計れない豊かな生活が見えて

きてしまった人達のために、週末参加が可能な営農モデルが作れ

ないだろうか。

そんな想いから週末就農モデルを組み立てています。

1畝(セと読みます)100平方メートルの畑で、野菜を作る工夫を

学ぶコースでは、食べ切れないお野菜が収穫されます。これを

売る工夫も合わせて御案内します。

hg_afternoon.jpg

 野良仕事を終えて、夕映えの農園を眺める時間から去りがたい。

限られた人にだけ提供できる。里山の魔力に心が震える体験を

お約束しております。



とりこになるがコンセプト:週末就農モデル -了-
posted by Hotwire at 09:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 有機農業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月25日

ここから先は風と雲に聞いとくれ

2月の極み農家を巡るツアーは、百井集落で、越冬野菜を掘起す

雪祭ツアーです。お申込みを戴き誠に、ありがとうございます!


ですが、肝心の雪が降りません。畑をかろうじて雪が覆っている

トコロもあるといった程度なんです。


雪を掻き分けて、土の下で寒さにじっと耐えているあの野菜を掘

起し、その場でかじってみる、あの感動を是非とも体験戴きたい

と起案した企画。



いつもなら降りやまず、どんどん積もる雪が恨めしくてしかた無

かったりするのですが、天気は思うようになりません。

今月の末からの冷え込みを期待しましょう。



 昨年、参加者から好評戴いたトウモロコシ。今年も、植えるべ

しと種を研究中。

pickedCorn.jpg

  一人、ダンボール箱いっぱい
に取れたトウモロコシ。畑でその
ままかぶりついても
食べられます!






corn_field.jpg

畑の中に入ると、むこうが見

えなくなるくらい、大きく育ち

ました。

今年も植えるぜ!!







種苗会社がつける種のネーミングはなかなか楽しませてもらえ

ます。たとえば現代農業2月号に取り上げられていた、直売所向

き品種『おおもの』と『味来7000』。これは二つとも、トウモロ

コシの品種です。



 『おおものは』なんと500gもあるでかく育つ品種とのこと。

味は?糖度20度以上と期待できます。

 『味来7000』は、300坪に7000本とたくさん植える事ができる

品種だそうです。

 作付計画、着々と進行中です。



ここから先は風と雲に聞いとくれ -了-
posted by Hotwire at 20:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月22日

タケノコ朝掘体験、予約御礼

自分で作ったプランが売れるのは、いつになっても
嬉しいもの。


特にこだわった内容を誰かが求めてくれた!この感動
は何回味わっても飽きるコトが無いもんです。

今回の、"西の京で、タケノコ朝掘体験ツアー",
昨晩も西村秋保さんと方針を話し合っていたもの。
ここは、本当にとっておきの農園なんですよ。


彼女が大切にしている掘りやぶにて、タケノコを掘る
体験、WEBのアクセス集中しています。
結構な人気です。
takenoko1.jpg











掘りやぶで、タケノコを掘るには専用の農具"掘りぐわ"
を使います。
 一見つるはしの様なこのほりぐわ、使い方にコツが
いるんです。
horiguwa1.jpg










写真の少年は、筍農家の子供らしく、全身で使いこなし
ていますよね。
5月8日の筍朝掘り体験、後9家族です。お早めの予約
をお待ちしております。


  • 開催日: 2010/05/8(土) 
  • 時間: 9:00〜13:00
  • 場所: 京都市西京区大原野"さいとう農園"
  • 参加費: 大人5,480円中学生以下2,000円(昼食込)
集合場所の地図

※予約はこちらから
【5/8(土)大原野でタケノコ朝掘体験!】を選択下さい。

それでは皆様、良い週末を!


タケノコ朝掘体験、予約御礼 -了-

posted by Hotwire at 21:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 極み農家を巡るツアー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。